ルカの福音書16:19-31--準備しないと

この個所で、イエス様は地獄について話します。そして、それは本当たに生々しい描写です。なぜなら、イエス様はある人の経験を描写するから。

ある学者たちは、イエス様が実在の人について話していると考えています。なぜなら、この話で、イエス様は登場人物の名前を教えるから。

私は、この出来事が本当に起こったかどうかわかりません。でもこの話を通して、イエス様は、私たちが永遠のために準備するべきだとはっきり警告しています。だから、16章では、最初の話(ズル賢い管理人)と最後の話には強い関係があります。

この話では、イエス様はぜいたくに暮らしている金持ちについて話します。彼のニーズはすべて満たされたし、欲しいものをすべて持っていたから、自分の未来は全然気になりませんでした。

また、彼は周りの人々のことも心にとめていませんでした。

毎日、彼はラザロという乞食の前を通り過ぎました。私たちはラザロについてあまり知らないけど、もしかしたら、ラザロは体が不自由だったので、物乞いしかできなかったのかもしれません。

そしてラザロは、いつも金持ちの食卓から落ちる物を食べたいと思ったけど、金持ちはラザロに全然気づいていませんでした。

彼らは何年もそのような生活を送りました。

でも、彼らが死ぬと、ラザロはアブラハムのふところに連れて行かれて、慰められて、金持ちはハデス(地獄のようなところ)で苦しみました。そして、彼が助けと憐れみを求めると、アブラハムはこう答えました。

子よ。思い出してみなさい。おまえは生きている間、良い物を受け、ラザロは生きている間、悪い物を受けていました。しかし、今ここで彼は慰められ、おまえは苦しみもだえているのです。(25)

アブラハムが意味したものは何ですか。その金持ちはずっとこの世の人生を楽しみました。彼は富を蓄えて、快楽を求め、勝手気ままに暮らしていました。でも、彼は全然永遠のために備えをしていませんでした。

その反面、ラザロはこの世に何も所有してませんでした。生前は、彼は本当に苦しんでいました。それでも、彼は永遠のために準備しました。

だからその二人が亡くなった時、ラザロは慰められたけど、金持ちは苦しみました。

お金は、その金持ちの問題ではありませんでした。彼の問題は、未来のために準備していなかったことです。イエス様の言葉に従わずに、彼が自分のお金をちゃんと使わなかったので、永遠の住まいに迎える人が全然いませんでした。(16:9)

その人の模範に従わないように。私たちの命はとても短いです。それを覚えて、永遠のために準備しましょう。そうしないと、金持ちのように永遠に苦しみます。

あなたはどうですか。永遠のために準備しているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中