ルカ14:15-24--言い訳

イエス様はパリサイ人たちに、神の国に入ることができると仮定しないように警告した後、いつものように例え話を話しました。

その話では、ある人はたくさんの人々を宴会に誘いました。その時代、時計を持っている人はいませんでしたから、招いた人たちは宴会の日を知っていたけど、何時に始まるか知りませんでした。だから、主人は、彼らの家にしもべを送って、「宴会の準備ができましたよ。どうぞお越しください。」と伝えました。

でも、その日、多くの人々は断りました。彼らはいろんな言い訳を言いましたけど、許されない言い訳ばかりでした。

ある人は、「畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断わりさせていただきます。」と言いました。(彼はその畑をまだ見ていないのに、買ったのでしょうか。)

ほかの人は、「五くびきの牛を買ったので、それをためしに行くところです。すみませんが、お断わりさせていただきます。」と言いました。(つまり、私は新しい「おもちゃ」を買ったので、宴会に行けません)。

もう一人は、「結婚したので、行くことができません。」と言いました。

もちろん、彼が最近結婚したのは良かったのでしたが、その宴会に行かない言い訳ではありませんでした。多分、その奥さんと一緒に来ても良かったのです。

でも、聖霊様が人々の心の戸を叩いたら、どれぐらい彼らは言い訳を言うでしょうか。

「私は忙しすぎる。別の用事があるから。」

もしかして、彼らはこの世のもの、お金や、持ち物に熱中して、「私はそれを楽しみたいのです。後で、イエス様を慕うかもしれませんけど。」と言います。

または、彼らの家族は邪魔ものになります。「クリスチャンになると、私の夫は何を言うだろうか。私の両親はどう思うだろ。私がクリスチャンになると、私の家族の関係は複雑になるだろう。」

でも、神様はその言い訳を許しません。そして、危険があります。もしかしたら、神様は誘い続けるかもしれません。でも、あなたが現在もらった招待はあなたにとって最後のものかもしれません。明日、あなたは交通事故に会って、死ぬかもしれません。あなたがいつ亡くなるかは誰もわかりません。だから言い訳を言わないでください。神様の招待を受け入れてください。

パウロはこう言いました。

確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。(第一コリント6:2)

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中