ルカ14:15-24--イエス様を拒絶すると

この直前の個所では、義人の復活のとき神様が気前の人々に報いを与えることを、イエス様は教えておられました。

それを聞くと、食卓に着いていた客の一人はこう言いました。

神の国で食事する人は、何と幸いなことでしょう。(15)

ユダヤ人たちはメシアが来て、自分の国を確立するとき、大きい宴会を開催すると信じました。だから、その人がその言葉を言った後、多分皆は「アーメン」と言っていたでしょう。そこにいる皆はメシアの宴会にきっと誘われると思いましたから。

皮肉なことですが、その時、彼らはメシアと一緒に食事をしていました。でも、彼らはメシアを認識しませんでした。おまけに、彼らはイエス様をメシアとして拒絶しました。最終的に、彼らはイエス様を十字架につけてしまいました。

だから、神の国が来ると、彼らは入ることができません。それに、彼らが見下したもの、つまり、貧しい者や、からだの不自由な者や、盲人や、足のなえた者たちが天国に入ります。

さらに、パリサイ人たちが救いに値しないと思った罪人や異邦人は神の国に入ります。でもパリサイ人たち自身は拒絶されます。

多くの人々は天国に行きたいと思うけど、パリサイ人のようにイエス様を拒絶します。むしろ、彼らは自分なりの道徳的なルールを確立し、従おうと思うし、そのルールに従わない人を批判します。でもパリサイ人のように、彼らは天国の門に着くと、入ることができません。でも、彼らが軽蔑した人々は歓迎されます。

あなたはどうですか。あなたはイエス様を拒絶しているのに、天国に入られると思いますか。イエス様しか、天国への門はありません。イエス様とその十字架の働きを信じる人たちだけが天国に入ることができます。だから、自分の誇りを捨てて、イエス様のもとにきてください。

イエス様はこう言いました。

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。(ヨハネ14:6)


広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中