ルカ13:22-30--遅すぎる前

地獄について考えるのが好きな人はだれもいないと思います。また私たちは、地獄に行く人がいるとは思いたくないものです。逆に、私たちは(麻原彰晃やヒトラーなど以外に)すべての人々が天国に行くものと思いたいです。

多分、イエス様の時代にも、多くの人々はそのように考えたでしょう。だから、ある人はイエス様のところに来て、こう聞きました。

主よ。救われる者は少ないのですか。(23)

もしかしたら、その人が意味したものは、「天国に行く方法をもっと簡単にできないでしょうか。もっと多くの人々が天国に入らせられたらいいのに。」ということです。

その人の言葉をちょっと考えてみてください。その人はユダヤ人でした。たぶん彼は異邦人の救いを全然考えていませんでした。

多分、彼はユダヤ人として、天国に入るのはどれだけ難しいか考えました。なぜなら、彼は自分自身を周りの人々と比べたから。パリサイ人たちや、律法学者たちは律法を勉強し、神様のルールと人が作った宗教的なルールにもできるだけ従おうとしていました。

だから、その人がパリサイ人や律法学者たちを見たとき、多分、彼はこう思いました。「これは無理だよ。パリサイ人のように生きることができない。さらに、イエス様は、私たちの義がパリサイ人の義に勝らなくてはならないと教えた。」(マタイ5:20)

でも、イエス様の次の言葉は、その人を慰めなかったでしょう。イエス様はこう言いました。

努力して狭い門から入りなさい。なぜなら、あなたがたに言いますが、入ろうとしても、入れなくなる人が多いのですから。(24)

要するに、「はい。救われる人は少ないのです。」ということです。

そして、イエス様は私たちに警告します。

家の主人が、立ち上がって、戸をしめてしまってからでは、外に立って、「ご主人さま。あけてください」と言って、戸をいくらたたいても、もう主人は、「あなたがたがどこの者か、私は知らない」と答えるでしょう。

つまり、その狭い門に入るのには、期限限定なのです。もし、私たちが入る前に死んでしまえば、もう遅すぎます。

その門は何でしょうか。イエス様はこう言いました。

わたしは門です。だれでも、わたしを通って入るなら、救われます。(ヨハネ10:9)

天国に入りたいなら、イエス様との関係が必要です。イエス様とその十字架の働きを信じなくてはなりません。そうすれば、私たちは救われます。

イエス様はユダヤ人たちに警告しました。

神の国にアブラハムやイサクやヤコブや、すべての預言者たちが入っているのに、あなたがたは外に投げ出されることになったとき、そこで泣き叫んだり、歯ぎしりしたりするのです。人々は、東からも西からも、また南からも北からも来て、神の国で食卓に着きます。いいですか、今しんがりの者があとで先頭になり、いま先頭の者がしんがりになるのです。(28-30)

多くのユダヤ人たちは、「私はユダヤ人だ。神様が自分の民として、ユダヤ人たちを選んだので、私は大丈夫だ」と考えていました。

また、あるユダヤ人たちは律法を守れば、救われると思っていました。

でも、イエス様がが教えていたのは、イエス様を救い主として受け入れた人は救われるけど、イエス様を拒絶する人は救われないことです。

だから、多くのユダヤ人は天国で先頭になると思ったけど、結局彼らは天国に入ることができません。

今なお、多くの人々はユダヤ人たちのように考えます。彼らはクリスチャンホームに生まれたから、自分がクリスチャンだと考えています。もしくは、彼らは教会に行って、いろんないいことをするので、救われると思うかもしれません。

でも、そんな人が天国に行くとは限りません。イエス様は門です。イエス様以外に、天国への門がないのです。

遅すぎる前にその門に入りませんか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中