ルカ12:4-7--恐れなさい。恐れるな。

この個所のイエス様の言葉は私の心を打ちます。

「恐れてはいけません。」

また、「恐れなさい。」

イエス様はこう言いました。

そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。(4-5)

要するに、「人ではなく、神様を恐れなさい。」ということです。

人々はあなたの体を殺せるかもしれないけど、神様はあなたを地獄に投げ込む権威を持ちます。ほんの一瞬で、あなたの体は死ぬかもしれないけど、霊的な死は永遠のものです。

では、私たちは恐れて生きた方がいいでしょうか。神様は、私たちをじっと見て、私たちの失敗を待っているでしょうか。そして、私たちが罪を犯すとき、神様は私たちを稲妻で打つでしょうか。神様は人々を地獄に投げ込むとき、喜んでいるでしょうか。そんなことではありません。

イエス様はこのことも言いました。

五羽の雀は二アサリオンで売っているでしょう。そんな雀の一羽でも、神の御前には忘れられてはいません。それどころか、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。(6-7)

私たちが神様の性格を考えるとき、二つのことを覚えていなくてはなりません。それは、神様の聖さと神様の愛。その二つのコンセプトのバランスを保たなくてはいけません。

多くの人々は神様の愛に集中して、神様の聖さを忘れようとします。

でも、聖書では、人々が神様の栄光を見るとき、彼らは最初に神様の聖さに気づきます。そして、彼らは神様の聖さを見ると、自分の不潔さに気づきます。

その結果は?

恐れです。

なぜなら、彼らは神様からの罰に値することがわかるから。また、彼らは死ぬべきだとわかります。

でもその後、彼らは神様の愛を見ます。何回も、神様の最初の言葉は「恐れるな。」

この個所では、イエス様は私たちに同じことを教えています。

最初に、イエス様は「神様を恐れなくていけません」と言います。なぜなら、神様は聖なる方だから。そういうわけで、神様は罪を罰しなくてはなりません。

もしこの世に住んでいる間に、あなたが神様の前に来ないで、その罪が赦されないなら、その罪は地獄で罰されます。

でも、それは神様の望みではありません。神様は私たちを本当に愛しています。神様は私たちの最善を望みます。神様の目には、私たちは取るに足りない人ではありません。むしろ、神様は私たちの名前や、私たちの人生を事細かにご存知です。

神様は、あなたの罪のために死ぬためにイエス様をこの世に送ったほど、あなたを愛しました。もしあなただけが罪を犯していても、神様はイエス様を送ったでしょう。

私たちがそのことを実感すると、私たちの最初の恐れは、神様に対する圧倒的な愛に変わります。私たちはもう神様やほかのものを恐れる必要がありません。もし私たちが神様に信頼するなら、この世で何が起こっても、私たちは天国に未来があるから。

だからヨハネの言葉を覚えていましょう。

私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。このことによって、愛が私たちにおいても完全なものとなりました。それは私たちが、さばきの日にも大胆さを持つことができるためです。なぜなら、私たちもこの世にあってキリストと同じような者であるからです。愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。(第一ヨハネ4:16-19)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中