ルカ11:45-46--律法主義という問題

イエス様はパリサイ人たちを批判した後、律法学者たちをも批判し始めました。

イエス様はこう言いました。

おまえたちもわざわいだ。律法の専門家たち。人々には負いきれない荷物を負わせるが、自分は、その荷物に指一本さわろうとはしない。(46)

この個所では、私たちはどうして律法主義がそんなに悪いか学びます。

一つ目は、律法主義は人々に負いきれない重荷を負わせるし、その重荷が取り去られる希望が全然ないことです。つまり、律法学者たちは神様の律法にいろんな余計なルールを加えたことでした。

例えば、律法によれば、安息日に仕事することは禁止されていました。でも、その律法学者は「仕事」を非常に細かく定義していました。

例えば、安息日に女性たちはアクセサリーを付けてはだめでした。なぜなら、もし彼女らがそのアクセサリーを外そうと思ったら、自分の手に持たなくてはなりません。でもそうすれば、彼女らは「重荷」を持っているので、安息日の律法を破ることになってしまいます。

また、安息日にどこまで歩いたか気を付けなくてはなりませんでした。もし、歩きすぎると(2.5キロメートルぐらい)、安息日の律法を破ったことになりました。

こんな余計なルールには何百もありました。そして、あなたがそのルールを破ると、律法学者たちに責められてしまうでしょう。

律法学者のルールはもうなくなったけど、どれだけクリスチャンたちはほかのクリスチャンに余計なルールを負わせるでしょうか。聖書にはそのルールが書かれていないけど、彼らはそのルールを守らなくてはならないと思うから。

例えば、彼らは、「酔っぱらってはならない」ではなく、「全然お酒を飲むな」と言います。

または、「映画を見るな。」

または、「踊るな。」

そんなルールは、もう一つの問題に至ります。それは相手を裁く態度です。

つまり、「あなたはそのルールを守らないので、良いクリスチャンじゃない。」という態度です。

さらに、彼らは「私はルールを守る」と思うので、プライドを感じます。でも、ルールを守っても、パリサイ人のように彼らは公義と神への愛と憐れみを忘れます。彼らは自分が正しい人だと思うけど、神様の目には、彼らはパリサイ人と律法学者たちのようです。

でも、律法主義の最も悪いことは、律法は正しいことと悪いことを教えるけど、正しいことをする力を与えられないことです。むしろ、人が失敗すると、律法は彼らを裁くだけです。だから、人々は何回も失敗すると、絶望して諦めます。

イエス様の時代、多くの人々はそう感じていました。彼らは律法学者のルールを守ろうと思ったけど、できませんでした。でも、彼らが律法学者に「どうしたらいいでしょうか」と聞いたら、「もっと頑張りなさい」と言われました。

つまり、律法学者たちは彼らを全然助けなかったのです。

あなたが余計なルールを捨てて、モーセの律法だけを守ろうとしても、その律法にはあなたを救う力がありません。最終的に、あなたは、パウロのようにこう叫びます。

私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。(ローマ7:24)

でも、イエス様の時代の人々と違って、パウロは希望を持っていました。

私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。(ローマ7:25)

律法主義はあなたを救うことができません。律法はあなたを救うことができません。でもイエス様は、十字架の働きを通して、あなたを救うことができます。イエス様は十字架で私の罰を受けたから。だから、パウロはこう言いました。

こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。(8:1)

だから律法主義を捨てましょう。プライドと絶望を捨てましょう。むしろ、イエス様とその十字架に向かいましょう。そうすれば、私たちは赦されるし、神様を喜ばせる力を受けます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルツ記, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

ルカ11:45-46--律法主義という問題 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: マタイ23:16-22--抜け穴 | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中