ルカ10:38-42--イエス様が望むこと

私はこの話が大好きです。なぜなら、この教えはとても大事だけど、忘れやすいから。

マルタは、イエス様を自分の家に誘ったけど、イエス様が来ても、マルタはイエス様と全然時間を過ごせませんでした。どうしてでしょうか。皮肉なことだけど、彼女はイエス様に仕えようと思っていたから。

しかしマルタの妹マリヤは手伝わずに、イエス様の足元に座って、聞きました。だから、マルタはとてもイライラさせられました。

何分(何時間?)経ったか分からないけど、結局イエス様がまだ教えている間に、マルタは口を挟んで、大きな声で言いました。

主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするように、妹におっしゃってください。(40)

多分、皆がそれを聞いたので、気まずい沈黙がありました。

もしかしたら、マリヤは頭を下げて、顔が赤くなったかもしれません。多分ほかのお客さんたちは、まずマルタを見て、そして、マリヤを見て、そして最後にイエス様に向かって、その反応を待ったでしょう。

多分ある人は、イエス様がマリヤを叱責すると思ったでしょう。なぜなら、彼女はマルタを手伝うはずだったから。それに、その時代、女性たちはイエス様のような先生から学ぶことはありませんでした。(でも、イエス様はそんなことを何度も許しました。)

もしかしたら、ある人は、イエス様がマルタを叱責すると思ったかもしれません。なぜなら、その時代、女性たちは偉い先生が話すとき、口を挟んではいけなかったから。

でも、イエス様は、たぶん愛と情けを持って、マルタにこう言いました。

マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。(41-42)

「肝心なことは一つだけです。」という表現はとても興味深いです。誰がその一つのことが必要だったでしょうか。イエス様でしょうか。マルタでしょうか。

たぶんイエス様とマルタの二人とも、そのことが必要だったでしょう。

マルタはイエス様との時間が必要でした。ちょっと休憩が必要でした。イエス様の言葉を聞く時間が必要でした。さらに、どれぐらいイエス様がマルタを愛していたかを知る必要がありました。

マリヤは、それを選んで、イエス様は喜んでそのことをマリヤにあげました。

その反面、イエス様はマルタが準備していた料理を必要としていませんでした。ぴかぴかな家が要りませんでした。実は、イエス様はマルタとの時間が要りませんでした。でも、他のどんなことよりも、イエス様はマルタとの時間を望みました。マルタはイエス様に仕えて、忙し過ぎてしまったので、イエス様と全然時間を過ごしませんでした。多分挨拶した後、全然イエス様と話さなかったでしょう。

あなたはどうですか。あなたの心の戸をイエス様に開けたでしょうか。イエス様があなたの心の居間にいるままで、あなたは忙しくて、別のことをしていますか。

もしかして、毎日あなたはイエス様と時間を過ごしているでしょうか。イエス様から学んでいるでしょうか。イエス様と話しているでしょうか。

他のどんなことよりも、イエス様はそう望みます。あなたと親しい関係があるようにイエス様は十字架で死にました。

「My heart, Christ’s home」(私の心、イエス様の住まい)という小さいフィクションの本があります。その本で、イエス様はある人にこう言いました。

「あなたの問題はこうです。あなたは、聖書を読む時間、また私に祈る時間を自分の霊的な成長の修行として考えました。でも、私はこの時間が大好きです。私があなたのことを愛していることを忘れないでください。私は高い代価を払って、あなたを贖いました。あなたとの時間を貴いものと見なします。だから、私のためにこの時間を忘れないでください。あなたは私との時間がどうでもいいと思うかもしれないけど、私はあなたとの時間を望みます。」

イエス様の望みを覚えていましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中