ヨハネ8:1-11-わたしはあなたを罪に定めない。行きなさい。

私はこの話が大好きです。

イエス様は宮で教えています。たくさんの人はイエス様を取り巻き、聞いています。

でも、急にパリサイ人たちと律法学者たちイエス様のところに来ます。彼らはある女性を引っ張っていて、イエス様の足元に彼女を押します。たぶん彼女は泣いて、その目は恐れに満ちているでしょう。

そして、一人のパリサイ人がこう言いました。

先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、あなたは何と言われますか。(4-5)

でも、イエス様が彼らの目を見た時、その心を見抜きました。彼らがその女性の罪を見てびっくりし、どうしたらいいか分からなかったわけではありませんでした。

むしろ、彼らはイエスに何か言わせて、わなに陥れようと思いました。

つまりイエス様が、「彼女を彼女に石を投げなさい」と言うと、彼らはイエス様の言葉をローマ人たちに伝えたでしょう。なぜなら、ローマ帝国の律法によって、ローマの政府だけが人を死刑にすることができたから。それに、イエス様が「罪人の友達」なのに、そんなことを言うと、たぶん罪人たちは彼を避けるでしょう。

でも、イエス様が「その女性を逃せ」と言うと、パリサイ人たちは「イエス様がモーセの律法に反対している」と言えました。だから、人々はイエス様の言葉をもう信じなくなったでしょう。

しかし、イエス様は彼らに答えずに、指で地面に書き始めました。つまり、イエス様は彼らを無視しました。

もちろん、彼らは腹が立って、イエス様に叫びました。「おい。私たちを無視するな。答えろ。この女性はひどい罪を犯した。どうすればいいか。」

ようやく、イエス様は立って、彼らに向かってこう言いました。「じゃあ、彼女に石を投げなさい。」

たぶん、それを聞いて、彼らは微笑み始めたけど、イエス様はつづけました。

あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。(7)

そして、イエス様はもう一度地面に書き始めました。何を書いたでしょうか。私はわからないけど、時々「書く」という言葉には、「人の罪を書き留める」というニュアンスがあります。だからもしかしたら、イエス様は彼らの名前と罪を書き留めたかもしれません。

もし、誰かが皆の前にあなたの名前と隠した罪を書くと、あなたはどうするでしょうか。多分、パリサイ人たちと律法学者たちのように、あなたは逃げるでしょう。

だから結局、その女性だけがイエス様の前に残りました。だからイエス様は彼女に訊ねました。

婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。(10)

彼女が目を上げると、誰も見ませんでした。だから彼女は驚き、答えました。

{主よ。}だれもいません。(11)

多分、イエス様は微笑みました。そして、イエス様は言いました。

わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。(11b)

時々、私たちは鏡をのぞくと、こう思います。「どうして神様は私のことを愛しているだろうか。どうして私を受け入れるだろうか。」

なぜなら、私たちは自分の罪を見るし、私たちの人生はめちゃくちゃですから。

でも、イエス様は私たちにこう言います。「わたしはあなたを罪に定めない。」

それだけではなく、イエス様はこう言います。「あなたの後悔に浸るな。いつも振り返るのをやめなさい。あなたはもう赦されたから。そして、あなたの人生を壊した罪を捨てなさい。行きなさい。私はあなたの人生のすべてを新しくします。私の死によって、あなたには新しい人生があります。その新しい人生を送りなさい。」

あなたの後悔で思い詰めているでしょうか。あなたに対する神様の愛と赦しを疑うでしょうか。この言葉を覚えていてください。

「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。」

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。(第二コリント5:17)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中