マタイ18:21-35;マルコ9:49-50--憐れみによって、塩気をつけられること。火によって、塩けをつけられること。

マタイ、マルコ、ルカ皆は、同じ事件について話しました。その話をまとめるのは、本当に興味深いものです。でも、この話の始めに戻りましょう。つまり、弟子たちが誰が一番偉いかと論じ合っていたことです。

多分、論じ合ったとき、たくさんの酷い言葉が言われて、人々は傷ついたでしょう。だから、イエス様は、私たちが傷ついたとき、どうしたらいいかを教えました。

そのあと、ペテロは質問をしました。多分、ほかの弟子たちは彼を傷つけたでしょう。それは初めてではなかったし、たぶん将来にもペテロは傷つけられるでしょう。だから、ペテロは、イエス様に訊きました。

主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。(マタイ18:21)

多分、ペテロは相手を七回赦すのは寛容な態度だと思いました。その時代、多くの先生たちは、三回赦した方がいいと教えました。(でも、聖書には、そんなことは書いてありません。)

でも、イエス様こう答えました。

七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います。(マタイ18:22)

でもイエス様が意味したものは、私たちが490度まで許さなくてはならないというわけではありません。むしろ、私たちは数えずに、許さなくてはなりません。

そして、イエス様は有名なたとえ話を教えます。ある王は、しもべの大きい借金を免除しました。でも、そのすぐあと、そのしもべは、ほかの人に出会いました。その以前、しもべはその人にお金を貸したので、その返済を要求しました。相手が払えなかったので、しもべはその人を牢に投げ入みました。

しかし、王はそのことについて聞いたとき、そのしもべを呼びました。しもべが来た時、王はこう言いました。

悪いやつだ。おまえがあんなに頼んだからこそ借金全部を赦してやったのだ。私がおまえをあわれんでやったように、おまえも仲間をあわれんでやるべきではないか。(マタイ18:32-33)

だから借金を全部返するまで、そのしもべは牢に投げ込まれました。そしてイエス様はこう言いました。

あなたがたもそれぞれ、心から兄弟を赦さないなら、天のわたしの父も、あなたがたに、このようになさるのです。(35)

この話から何を学ぶことができるでしょうか。

そのしもべにとっては、仲間が返さなくてはならない借金は大きいものでした。それは4か月の給料ぐらいでした。でも、その借金をしもべが王に返済しなくてはならなかった借金と比べると、とても小さいでした。それは何億円の借金でした。

時々、人々は私たちを傷つけて、その傷は本当に深いです。でも、私たちの神様に対する負債の方がだいぶ大きいです。私たちは、自分の罪が小さいと思うかもしれないけど、その罪は溜まります。もし、あなたは毎日罪を三回ぐらい犯すと、一年に1000の罪になります。その数字をあなたの年齢とかけたら、それは何千の罪です。でも、神様はあなたの罪を全部赦してくださいました。だから私たちもほかの人々を許すべきです。

そうしないと、どうなるでしょうか。そのしもべが仲間を牢に投げ入れたとき、その仲間は自分の罪悪感に浸りました。私たちも、しばしば同じようなことをします。私たちは相手を許さないで、その縁を切ります。私たちの希望は、相手が自分の罪悪感に浸ることです。

でも、王は、そのしもべの行動を知ったら、彼を獄吏に引き渡しました。その時代、獄吏は、囚人を見張るだけではなく、その囚人を拷問しました。

そのように、私たちが相手を許さないなら、私は神様が私たちをサタンに引き渡すと思います。(別の罪だけど、第一コリント5:5を読んでください。)そして、サタンは私たちを苦しめます。私たちは自分の怒りと苦々しい思いに浸ります。

どうして、神様はそうするでしょうか。私たちのことを憎むからでしょうか。違います。私たちが悔い改めることを望むから。

とにかく、もしかしたら、そのたとえ話のあと、イエス様はこう言いました。

すべては、火によって、塩けをつけられるのです。(マルコ9:49)

つまり、あなたは神様の憐れみによって、塩けを付けられないなら、あなたは火によって、塩気を付けられます。あなたが悔い改めるまで、あなたの人生は惨めになります。

そして、イエス様はこう言いました。

塩は、ききめのあるものです。しかし、もし塩に塩けがなくなったら、何によって塩けを取り戻せましょう。(マルコ9:50a)

イエス様は、私たちを地の塩と呼びました。私たちはこの世の民を憐れみと恵みで味をつけるべきです。でも、怒りと苦々しい思いを持ち続けるなら、私たちの塩気をなくなります。だから、イエス様は、弟子たちと私たちにこう言います。

あなたがたは、自分自身のうちに塩けを保ちなさい。そして、互いに和合して暮らしなさい。(マルコ9:50b)

あなたはどうですか。あなたを傷つける人に対して、あなたは塩でしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, 福音書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中