マタイ18:18-20--傷ついたとき、神様の手を解くこと

この個所は、マタイ16章に似ています。この個所もちょっと解釈しにくいです。

16章では、イエス様は、繋ぐことと解くことについて話します。

何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。(16:19)

その個所では、イエス様は神の国と救いについて話しています。新約聖書を読むなら、あなたにわかるのは、多くの場合、神様は私たちを通して人々に触れたいと思うことです。私たちはキリストの体です。私たちは周りの人々に対して、イエス様の目や耳や口や手です。もし私たちが出て行って福音を伝えるなら、神様の手が解かれて、多くの人々は救われます。でも、私たちが福音を伝えないと、ある程度まで、神様の手は縛られています。もちろん、私たちにも関わらず、神様は働くことができます。でも多くの場合、私たちが働かないなら、神様は何もしません。

ペテロは、二つの方法で神様の手を解きました。彼はユダヤ人たちに福音を延べ伝えました。

でも、弟子たちはイエス様の命令に従わずに、異邦人たちに福音を延べ伝えませんでした。だから、神様は直接何かしました。神様はペテロに幻を示したし、コルネリオという異邦人に天使を送りました。それは、神様の理想ではありませんでした。神様の理想は、ペテロたちが積極的に異邦人たちに福音を延べ伝えることでした。とにかく、その話の後、神様は天使を送らずに、人々を通して異邦人たちを救いました。弟子たちは福音を延べ伝えて、人々は救われました。

また、ペテロは異邦人たちをユダヤ人の律法の要求から解放しました。だから、神様の手を解いて、たくさんの人は救われました。

でもこの個所では、その前後は全然違います。もう一度、イエス様は言います。

何でもあなたがたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたがたが地上で解くなら、それは天においても解かれているのです。(マタイ18:18)

でも、この場合、イエス様が意味したものは何でしょうか。

私の意見だけど、相手があなたを傷つけて、謝らないなら、あなたはその人のために祈るべきです。そうすると、私たちが神様の手を解くので、神様は彼らの人生に働き始めます。

多くの場合、私たちは相手に対する怒りと苦々しい思いに縛られます。私たちは相手のために祈らず、相手について祈ります。

「主よ。彼が何をしたか見た?信じられない。彼を罰してしてください。」

でも、十字架で、イエス様は敵について祈りませんでした。イエス様は彼らのために祈りました。

父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。(ルカ23:34)

その祈りを通して、神様は彼らの人生に働き始めました。また、神様は救いの業を行いました。

そのように、私たちが相手のために祈るなら、神様の手を解いて、神様は彼らの人生に働き始めます。もちろん、私たちの祈りにも関わらず、神様は働くことができます。ども多くの場合、神様はその祈りのために待ちます。

でも苦々しい思いを持ち続けたら、神様の手を縛るので、神様は私たちの人生と、相手の人生に働きません。

怒りと苦々しい思いを手離すことは難しいです。だから、神様は私たちを支えてくれる兄弟地と姉妹たちを与えてくださいます。彼らは、和解をもたらすために助けるし、私たちのために祈ってくれます。だからイエス様はこう言いました。

まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。(19-20)

あなたはどうですか。あなたは傷ついているでしょうか。あなたは天の父の手を縛っているでしょうか。もしかしたら、その手を解いているでしょうか。

ようするに、あなたはただ相手について祈っているでしょうか。もしくは、相手のために祈っているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中