マタイ18:15-17ーー傷ついたとき

私たちが傷つくのは、本当に辛いことです。さらに、私たちが信頼してる人に傷つけられたら、それはもっと辛いものです。

多分、弟子たちが誰が一番偉いと論じ合っていたとき、互いに傷付け合ったでしょう。イエス様はそれを知っていたので、彼らにこう言いました。

また、もし、あなたの兄弟が{あなたに対して}罪を犯したなら、行って、ふたりだけのところで責めなさい。もし聞き入れたら、あなたは兄弟を得たのです。(15)

二つのことに注目してください。

一つ目は、相手があなたを傷つけるとき、その人があなたの所に来て、謝るのを待つべきではないことです。あなたは積極的に、相手のところに行って、そのことについて話すべきです。

でも、多くの場合、私たちは怒って、相手が私たちのところに来て、謝るように要求します。しかし、その態度は、和解の態度ではなく、誇りの態度です。神様は私たちが 平和をつくる者になることを望みます。イエス様の言葉を覚えていてください。

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。(マタイ5:9)

もちろん、あなたのケンカしている友達を助けるべきです。でも、あなたが相手と喧嘩するとき、あなたは平和を作るものにならなくてはなりません。しかし、プライドを持ち続けると、相手と和解できません。

さらに、相手がそうとは意図せずに傷つけるとしたら、私たちの傷に気づかないかもしれません。だから、私たちがずっと待っても、彼らは決して謝らないでしょう。だから、私たちは相手のところに行くべきです。

二つ目は、私たちはゴシップや中傷をしてはいけないことです。イエス様は「あなたが傷ついたとき、皆にそのことについて話しなさい」と言いませんでした。むしろ、イエス様は、「行って、ふたりだけのところで責めなさい」と言いました。

もちろん、私たちの希望は、相手が私たちの傷に気づいて、謝ることです。

ところで、相手があなたのところにきて、そのように責めたら、どう反応するべきでしょうか。とくに、あなたは相手が繊細過ぎると思う時、どう反応した方がいいですか。彼らの感情を大事にするべきです。謝ってください。そして、相手の言葉を覚えて、気を付けてください。それは、平和を作る者の態度です。

でも、あなたが傷ついたのに、相手が自分の悪さを認めないとき、どうしたらいいでしょうか。その場合、イエス様はもう二人の人々を連れて行って、その人と話すべきですと言いました。もちろん、その二人にその状況を説明するべきです。それでも、相手を悪く言ってはいけません。あなたの目的は和解ですから。

実は、その二人と相談すると、あなたが相手のことを誤解したのだと分かるかもしれません。もしかしたら、彼らの助けを通して、相手が自分の至らなさに気づくようになることもあります。でも、もう一度覚えていてください。あなたの目的は和解です。

でも、相手がまた聞いてくれないなら、教会の前にその問題を伝えるべきです。皆の前にその問題を出す必要はありません。でも、例えば、牧師やほかのリーダたちの助けを求めるべきです。

でも、相手がまた聞いてくれないなら、イエス様はこう言います。

教会の言うことさえも聞こうとしないなら、彼を異邦人か取税人のように扱いなさい。(17)

イエス様が意味したものは何ですか。相手に対するあなたの期待を変えるべきです。相手がクリスチャンとしてふるまうことを期待しない方がいいです。彼らをクリスチャンじゃない人として考えた方がいいです。私たちは、クリスチャンじゃない人がクリスチャンのようにふるまうことを期待しないでしょう。そして、相手が悔い改めないと、クリスチャンのようにふるまっているとは言えません。

だから、相手に会うと、気を付けてください。相手が悔い改めないなら、たぶん、あなたを何回も傷つけるかもしれないでしょう。

イスラエル人が取税人を避けたように、できるだけ相手を避けた方がいいです。どうしてそうした方がいいでしょうか。あなたが怒っているからでしょうか。あなたが苦々しい思いを持っているからでしょうか。違います。

実は、その怒りと苦々しい思いを離さなくてはなりません。そうしないと、あなたはその怒りと苦々しい思いに縛られます。

むしろ、相手が危ない人なので、その人を避けた方がいいです。もし、彼らが自分の悪さを認めないなら、彼らはあなたに対して危ない人なのです。だから相手を避けてください。

あなたはどうですか。傷ついたとき、どうしますか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中