マタイ17:1-13;マルコ9:2-13;ルカ9:28-36--聞きなさい

福音書の中で、これは最も興味深い話の一つだと思います。また、この出来事のタイミングも興味深いです。

イエス様は、メシアに関する弟子たちのイメージを砕けたばかりでした。それに、弟子たちはイエス様が死んで、よみがえる話がさっぱり分かりませんでした。だから、イエス様が十字架で死ぬまで、彼らはその話をおいておいて、そのことを考えないように努力しました。

弟子たちは、「イエス様は、ただのたとえを言っているのだろう。もしかして、イエス様は間違えているかもしれない」と考えたかもしれません。とにかく、彼らは心の中で、イエス様の言葉と取り組んでいませんでした。

だから、その一週間ぐらい後、イエス様はもっとも親しい弟子たちの三人がそのことを理解させるように努力しました。

ところで、マタイとマルコは「それから、六日たって」と言いますけど、ルカは、「これらの教えがあってから八日ほどして」と言います。どちらの方が正しいでしょうか。もしかしたら、ルカが間違っているのでしょうか。

実は、「八日ほど」というギリシャ語の表現はよく使われた熟語でした。その意味したものは「一週間ぐらい」ということです。

もう一つの可能性は、その時代、ユダヤ人たちが日の部分(一時間でも)を一日とみなしたことです。(私たちはイエス様の復活について話すとき、そのユダヤ人たちの考え方をもう一度見ます)。だから、もしかしたら、ルカが意味したものは、メシアに関する会話が最初の日に起こり、山の話が最後の日に起こり、その間に六日間が経ったことです。

とにかく、イエス様はペテロとヤコブとヨハネを高い山に連れて行きました。そして、イエス様が祈っている間に、彼らは眠ったようです。だから、たぶん彼らは次の出来事をほとんど見逃しました。イエス様は輝いて、エリヤとモーセと話していました。そして、弟子たちは起きて、彼らがイエス様とエリヤとモーセの会話を聞いた時、モーセとエリヤは、イエス様の死と復活について話していました。(ルカ9:30-31)

弟子たちはそれを見て、完全に起きていて、いつものようにペテロは先に話し始めました。

先生。私たちがここにいることは、すばらしいことです。もし、およろしければ、私が、ここに三つの幕屋を造ります。あなたのために一つ、モーセのために一つ、エリヤのために一つ。(マタイ17:4)

でも、光り輝く雲がその弟子たちを包み、そして、雲の中から声が出ました。

これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。彼の言うことを聞きなさい。(マタイ17:5)

その声を聞くと、彼らは恐れて、ひれ伏しました。でもすぐに、彼らは違う声を聞きました。それは、彼らが愛するイエス様の声でした。

起きなさい。こわがることはない。(マタイ17:7)

彼らが目を上げると、イエス様は普通に見えました。彼はもう輝いていなかったし、モーセとエリヤはもういませんでした。彼らが山を降りた時、イエス様は彼らに警告しました。

人の子が死人の中からよみがえるときまでは、いま見た幻をだれにも話してはならない。(マタイ17:9)

どうして、イエス様は彼らにその幻を見せたのでしょうか。多分、一つの理由は、彼らがイエス様の使命を理解するためです。でも、イエス様はもう一つのことを教えたいと思いました。それは、死は終わりではないことです。

彼らはモーセとエリヤを見ました。モーセは山で死んだけど、エリヤは死なずに、天国に行きました。でも、彼らはまだ生きていて、イエス様と話していました。

それでも、その三人の弟子たちは、まだ分かりませんでした。だから、彼らは山を降りている時、死人の中からよみがえると言われたことはどういう意味かを論じ合いました。(マルコ9:10)

でも、私にとって、一番印象を残ったものは、天の父の言葉です。「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。彼の言うことを聞きなさい。」

時々、イエス様の弟子たちのように、私たちはイエス様の言葉が完全に理解できません。あとで、弟子たちのように、私たちはその言葉が理解できるようになります。でも、その言葉がわかっても、分からなくても、イエス様は私たちの主です。天の父がイエス様を送ったので、私たちはイエス様の言葉を聞き、従わなくてはなりません。

あなたはどうですか。イエス様の言葉が理解できなくても、イエスを信頼し、その言葉に従うでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中