マタイ15:21-28;マルコ7:24-30--根気、謙虚、信仰

イエス様はこの女性と話した時、何を考えていたでしょうか。彼は話した時、どんなトーンを使ったでしょうか。

ユダヤ人と向き合った後、イエス様はイスラエルから出て、ツロとシドンに行きました。その場所はイスラエルの北で、海岸が近い所でした。

イエス様は、こっそりそこに行ったけど、すぐにその人たちはイエス様がおられることを聞きました。ある一人の女性も、その知らせを聞きました。彼女はギリシャ人だったけど、その辺に生まれました。(だから、マルコの福音書によれば、彼女はカナン人と呼ばれました。)

彼女の娘が悪霊に取りつかれていたので、イエスに助けてくださるように頼みました。

主よ。ダビデの子よ。私をあわれんでください。娘が、ひどく悪霊に取りつかれているのです。(マタイ15:22)

普通は、イエス様は人々と思いやりをもって話したけど、この場合、そうしませんでした。イエス様は彼女の願いを聞いたけど、彼女を無視しました。

それでも、彼女はあきらめずに、必死に叫び続けました。「主よ。私の娘を助けてください。」

だから、イエス様はの弟子たちはイエス様にこう言いました。

あの女を帰してやってください。叫びながらあとについて来るのです。(マタイ15:23)

それを聞いて、イエス様はその女性に向かって、こう言いました。

わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外のところには遣わされていません。(マタイ15:24)

イエス様は、どのようにそう言ったでしょうか。ちょっとイライラされた声で言ったでしょうか。もしかすると、ちょっと謝るような声で、そう言ったでしょうか。「ごめんね。助けたいけど、私はユダヤ人たちのために遣わされているのです。」

イエス様がどのようにその言葉を言ったか分からないけど、彼女は、まだあきらめませんでした。むしろ、彼女は、イエス様のもとに来て、ひれ伏して、「主よ。私をお助けください」と言いました。

でも、もう一度、イエス様は、ちょっと厳しい言葉で断ります。

子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです(マタイ15:26)

イスラエルでは、誰かを犬と呼ぶなら、侮辱でしたけど、でもイエス様は「子犬」と言いました。彼らの言語では、その「小」を付けたら、ちょっと相手を可愛がるニュアンスがありました。それでも、多分、多くの人がそれを聞くと、彼らの感情が害されたかもしれません。

でも、彼女は怒らずに、イエス様の言葉を用いて、こう言いました。

主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。(マタイ15:27)

つまり、「あなたがユダヤ人のために遣わされていることを知っているけど、彼らが要らない落ちるパンをいただいてもいいでしょうか。」

それを聞いて、イエス様は意外な褒める言葉を言いました。

ああ、あなたの信仰はりっぱです。(マタイ15:28)

イエス様が相手の信仰のために褒めることは本当に珍しいことでした。二回だけそんなことがありました。その二人目の人も異邦人でした。(マタイ8:5-13)

とにかく、イエス様はその女性の信仰を見て、感動したので、その娘を癒しました。

私たちは、その話から何を学ぶことができるでしょうか。

時々、私たちが祈るとき、私たちは神様が静かだと思います。私たちは無視されていると思います。でも、この女性のように、私たちは根気をもって、祈り続けるべきです。

もちろん、私たちはイエス様に命令できません。(時々、ある牧師たちは、そんなことを教えます。)

でも、私たちは謙虚な態度をもって、イエス様が私たちを助けることができると信じるなら、多くの場合、イエス様はその願いを叶えてくださいます。

だから、私たちは自分自身にこう訊くべきです。

1.神様が良い方で、私たちを愛してくださることを信じるでしょうか。

2.神様がその願いが叶っても、断っても、私たちは、その答えが私たちの益のためだと信じるでしょうか。

3.神様は答えるまで(「はい」でも、「だめ」でも、)私たちは祈り続けるでしょうか。

あなたはどうですか。あなたは根気をもって祈り続けるでしょうか。神様を信頼するでしょうか。神様があなたの願いを断っても、あなたは謙遜にその答えを受け入れるでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中