マタイ15:1-9;マルコ7:1-13--私たちの人生の目安

何によって、自分の価値観が続くでしょうか。それは本当に大切な質問です。なぜなら、あなたの価値観によって、あなたはいろんな決断をしますから。

パリサイ人たちにとって、モーセの律法や、預言者の言葉はとても大切でした。でも彼らの伝統は何よりも優れたものでした。多分、彼らはそう言わなかったけど、彼らはそのように生きました。だから、時々彼らは神様の戒めを離して、自分の伝統に従いました。

だから、イエス様は彼らを責めました。

あなたがたは、自分たちの言い伝えのために、神のことばを無にしてしまいました。(マタイ15:6)

あいにく、たくさんのクリスチャンたちは、そのように生きます。彼は神様の言葉を無にして、ほかの基準に従います。

ある人は、自分の文化と伝統に従います。たとえば、彼らは仏壇で線香をあげます。

「それは文化的なことだけです。深い意味がありません。ただ日本の風習です。」

でも、そうすれば、彼らは文化と伝統のために神様の戒めを離しています。(第一コリント10:19-22)

でも、文化はほかの方法で私たちに影響を与えるかもしれません。

アメリカでは、今ある人々は「私はキリストを信じる。キリストに従う」と言うけど、「神様の目には、同性愛は良いものです」と言います。

どうしてでしょうか。彼らはますます神様に反抗する文化に従っているから。彼らは、自分の価値観をこの世の文化の目安に調子を合わせています。でもそうする上で、彼らは神様の戒めを離さなくてはなりません。

あるクリスチャンは自分の間違っている意見を離さずに、神様の戒めを離します。例えば、神様は「クリスチャンじゃない人と結婚するな」と言います。

でも、彼らは言います。「でも、私はこの人を愛している。なんとかなるだろう。」

だから、彼らは神様の戒めを捨てて、その人と結婚します。

あなたはどうですか。あなたの目安は何でしょうか。文化でしょうか。伝統でしょうか。自分の意見でしょうか。

事実は、一つの目安しかありません。それは神様のみ言葉です。

文化は変わるかもしれません。伝統は変わるかもしれません。あなたの意見も変わるかもしれません。でも、神様の言葉は決して変わりません。

イザヤはこう言いました。

草は枯れ、花はしぼむ。だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。(イザヤ40:8)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中