マタイ15:1-14;マルコ7:1-15--手引きする盲人から立ち去る

この個所では、イエス様はもう一度パリサイ人たちと向き合います。イエス様の弟子たちはユダヤ人の長老たちの伝統に従わずに、手を洗わずにパンを食べました。だから、パリサイ人はイエス様とその弟子たちを批判しました。

でも、イエス様はパリサイ人たちを批判しました。なぜなら、彼らは自分の伝統のために神様の律法を犯していたからです。例えば、パリサイ人たちはユダヤ人たちにこう教えました。

「あなたのご両親が貧しくても、あなたは「私のお金を神様にささげたので、あなたを助けることができない」と言うのであれば、ご両親を助けなくてもいいです。」

でも、神様は「あなたの父と母を敬いなさい」と命令しました。

だから、イエス様は預言者イザヤの言葉をパリサイ人に当てはめました。

この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。人間の教えを、教えとして教えるだけだから。(マタイ15:8-9)

そのあと、イエス様の弟子たちはイエス様にこう言いました。

パリサイ人が、みことばを聞いて、腹を立てたのをご存じですか。(マタイ15:12)

でも、イエス様はこう答えました。

わたしの天の父がお植えにならなかった木は、みな根こそぎにされます。彼らのことは放っておきなさい。彼らは盲人を手引きする盲人です。もし、盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むのです。(マタイ15:13-14)

私たちはこの個所から何を学ぶことができるでしょうか。あなたが誰に聞くか注意するべきです。

多くの人々は上手に話すことができます。彼らは話すときに、神様からの権威を持っているように見えます。

でも、彼らの言葉が神様の言葉に反対するなら、結局彼らのミニストリーは偽物として暴露されて、引っこ抜かれます。

この世では、そのミニストリーが栄えても、裁きの日に神様はその働きを燃やしてしまいます。そのリーダーは救われるかもしれないけど、彼らが達成したものは全部燃やされます。(第一コリント3:10-15)

だから、あなたが聞くことを調べてください。牧師の教えでも、クリスチャンの本の教えでも、ポッドキャストの先生の教えでも、ちゃんと調べてください。

その言葉が聖書に合うなら、あなたは従うべきです。でも、聖書の教えと違うと、その人の言葉を捨てるべきです。

もし、その先生は何回も聖書と違うことを教えるなら、その人から立ち去るべきです。そうしないと、彼らが落ち込む穴に、あなたも落ち込みます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, 福音書, 新約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中