ヨハネ6:60-71--躓かせる者

イエス様の話を聞いたとき、どうしてユダヤ人は気分を害したのでしょうか。もしかしたら、彼らはイエス様の言葉を誤解したかもしれません。つまり、

まことに、まことに、あなたがたに告げます。人の子の肉を食べ、またその血を飲まなければ、あなたがたのうちに、いのちはありません。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠のいのちを持っています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。わたしの肉はまことの食物、わたしの血はまことの飲み物だからです。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、わたしのうちにとどまり、わたしも彼のうちにとどまります。(53-56)

もし、その言葉を文字通りに解釈するなら、誰でも面食らうでしょう。でも子供のころから、ユダヤ人たちの皆は、獣や鳥を食べる前に、その血を注ぎ出しなくてはいけないと教えられました。つまり血を食べては絶対ダメだと教えられました。(レビ記17:10-14)

でもその時、イエス様は文字通りに話をしていたわけではありません。イエス様はたとえ話をしていたのです。

以前の記事で私は言ったけれでも、イエス様の肉を食べるのは、イエス様のところへ来ると言う意味です。イエス様の血を飲むのは、イエス様を信じるということです。そして、あなたがイエス様のもとに来て、信じるなら、あなたは決して霊的に飢えないし、渇きません。(ヨハネ6:35)

とにかく、もしかしたら、ユダヤ人たちはイエス様の言葉を文字通りに解釈したから、機嫌が悪くなったのかもしれません。

でも、もしかしたら、彼らはイエス様の言葉をちゃんと理解できたけど、その言葉を受け入れられなかったのかもしれません。つまり、永遠の命に至る道は、イエス様しかないことです。

今なお、人々はその言葉を聞いて、「これはひどい言葉だ。そんなことを誰が聞いておられようか」と言います。(60)

クリスチャンたちが神様への道はキリストしかないと言うと、多くの人々はむっとします。だから時々、クリスチャンのリーダーたちでも、その真理を教えるのをためらいます。

「まあ、多分イエス様は、自分がただ一つの道だと意味しなかっただろう。ほかの方法があるかのしれません。」

でも、イエス様は「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」と言ったとき、本気でそう言いました。もしイエス様のところへ行かず、信じないなら、誰も永遠の命を受けられません。イエス様を拒絶する人に対しては、裁きしかないのです。

イエス様はユダヤ人たちにこう言いました。

いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません。(63)

つまり、「律法を守るあなた自身の努力を通して、あなたは天国に行こうと思っています。でも、その努力はむなしいものです。あなたの努力は足りないから。実は、あなたの良い行動は、神様の目には不潔な着物のようです。御霊だけがあなたたちに永遠の命を与えることができます。でも、あなたたちが私のもとに来て信じてこそ、御霊はその命を与えてくださいます。」

そして、イエス様はこう言いました。「わたしの言葉は霊的なものです。もし、あなたたちはその言葉を信じてこそ、命を与えられます。」(63)

でも、多くの現代の人々のように、多くのユダヤ人たちはイエス様の言葉を拒絶し、立ち去りました。

だから、イエス様が弟子たちに訊いたように、私たちにも訊きます。

まさか、あなたがたも離れたいと思うのではないでしょう。(67)

ペテロのように答えましょう。

主よ。私たちがだれのところに行きましょう。あなたは、永遠のいのちのことばを持っておられます。私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。(68-69)

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中