マタイ14:13-21;マルコ6:30-44;ルカ9:10-17;ヨハネ6:5-13--私たちがあまり持っていなくても

多分、私はこの話を一億回読みました。(まあ、大げさかもしれませんが)

でも、今回は新しいことを見出しました。

イエス様の弟子たちは、宣教の旅行から戻ったばかりで、たぶん疲れ果ていたと思います。だから、マルコの福音書では、こう書いてあります。

そこでイエスは彼らに、「さあ、あなたがただけで、寂しい所へ行って、しばらく休みなさい」と言われた。人々の出入りが多くて、ゆっくり食事する時間さえなかったからである。(マルコ6:31)

でも多分もう一つの理由で、イエス様は弟子たちと一緒に寂しい所へ行きたがりました。

イエスはこのこと(つまり、バプテスマのヨハネが殺されること)を聞かれると、舟でそこを去り、自分だけで寂しい所に行かれた。(マタイ14:13)

多分、イエス様はそのことを聞いたので、自分の安全のために寂しいところに行きました。なぜなら、ヘロデ王はイエス様のことについて聞くと、イエス様を探し始めましたから。(ルカ9:9)

でも、どうしてイエス様は弟子たちだけと一緒に行きたがったでしょうか。

多くの場合、私たちはこのことを考慮しないけど、イエス様は100%神であっただけではなく、100%人間でした。

ヨハネとイエス様がどれだけ親しかったか分かりませんけど、彼らは従兄弟でした。もしかしたら、子供の時に、彼らは一緒に遊んでいたかもしれません。

それに、イエス様のミニストリーのはじめに、ヨハネはイエス様にバプテスマを授けました。また、ヨハネが牢にいて、本当に滅入ったとき、イエス様は彼を励ました。

だから多分、イエス様があっさり「まあね。大丈夫。ヨハネは天国にいるからね。」とは言わなかったと思います。

むしろ、多分イエス様はヨハネの死を嘆きたかったのだと思います。もう一つのことを覚えていてください。イエス様の弟子達の中では、2人はもともとヨハネの弟子たちだったのです。(ヨハネ1:37)

多分、彼らもヨハネの死を嘆きたかったのでしょう。

でも、彼らにはそんな時間がありませんでした。大勢の人々は彼らについて行って、イエス様とその弟子たちのニーズを知らずに、イエス様が彼らのニーズに備えるように迫りました。

私がイエス様なら、それを見て怒ったかもしれません。「もう出て行け。私の友達の死を嘆いていることを知らないのか?」

せめて、私は「ごめんね。あなたと一緒に時間を過ごしたいけど、今日はちょっと。明日来てくれませんか」と言ったかもしれません。

でも、イエス様は彼らを歓迎しました。(ルカ19:11)

それだけではなく、イエス様は一日中彼らと一緒にいました。

そして、だんだん暗くなってきていたので、弟子たちはイエス様のところに行って、「先生。もう遅くなってきたけど、食事するために、皆を帰らせたらどうでしょう。」と言いました。

それはその群衆を帰らせる良い言い訳でした。でも、イエス様はそうしませんでした。むしろ、イエス様は弟子たちにこう言いました。「あなたがたで、あの人たちに何か食べる物を上げなさい。」(マタイ14:16)

「でも、人が多すぎるよ。私たちは絶対できません。」

「あなたは何を持っているか。」

「少しだけしかないんですけど。」

「私に持ってきなさい。」

そして、イエス様はそのパンと魚を取って、祝福して、すごい奇跡を行いました。弟子たちだけではなく、その群衆も食べて満腹しました。

それだけではなく、食べ物はたくさん余りました。

私は新しいことを見たといったけど、それは何でしょうか。

時々、私たちは疲れて、傷ついているので、私たちは人々にあげられるものはないと考えます。

でも、神様が私たちにそうするように頼んだら、神様は相手のニーズに備えるように私たちに与えるだけではなく、私たちのニーズにも備えてくださいます。そして神様はギリギリ備えてくださらずに、豊かに備えてくださいます。

キーフレーズとは、「神様があなたに頼むとき」ということです。

神様は私たちにすべての人々のニーズに備えるように要求しません。私たちがそうしようとしたら、燃え尽きてしまします。

だから、自分自身にこう訊いてください。「私があまり与えることができないと思うけど、神様は私に彼らに対する情け深い心を与えてくださっているだろうか。神様は私にその人に仕えるように頼んでいるだろうか。もしくは、ただ「これが私の義務だ。その人に触れなくてはならない」と思うだろうか。」

もし、神様があなたに情け深い心を与えず、あなたの心に話さないなら、あなたはその人を別の人に任せた方がいいです。

でも、神様が「行きなさい」と言ったら、神様はあなたが持っているものを取って、祝福して、相手のニーズだけではなく、あなたのニーズにも備えてくださいます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ヨハネの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中