マタイ14:1-2;マルコ6:14-29;ルカ9:7-9ーーあなたを尊敬するけど。。。

この個所では、ヘロデ王の行動は謎に満ちているようです。ヘロデが自分の兄弟の妻を取って結婚した時、バプテスマのヨハネはヘロデを厳しく責めました。もちろん、ヘロデはそれを聞いて、嬉しくなかったけど、その妻ヘロデヤに影響されなかったら、たぶん彼は何もしなかっただろうと思います。彼女はヨハネの死を希望したけど、ヘロデはそこまでしませんでした。最初は、ヘロデもヨハネを殺したがったかもしれないけど、結局彼はヨハネを逮捕して、牢に入れました。

どうして、ヘロデはヨハネを殺すことをためらったでしょうか。一つ目の理由は、ヘロデはユダヤ人の反応を恐れたことです。(マタイ14:5)

でも、もう一つの理由は、たぶん時間が経てばたつほど、ヘロデはヨハネを尊敬していたことです。なぜなら、この預言者は王に「あなたが悪い」と言う勇気を持っていたから。

マルコの福音書によれば、ヘロデはヨハネがほかの人々と違うとわかりました。つまり、ヨハネが正しい聖なる人だと知っていました。

そして、ヨハネが何回もヘロデを責めたのに、また、ヨハネの言葉にヘロデは当惑されたのに、なぜかヘロデは「喜んで耳を傾けていた。」(マルコ6:20)

それでも、ヘロデは決して悔い改めませんでした。

そして、ヘロデの誕生日パーティーで、その娘が皆の前に踊りました。ヘロデはそれを見て喜んで、こう言いました。

おまえの望む物なら、私の国の半分でも、与えよう。(マルコ6:23)

ヘロデの娘はお母さんに相談して、バプテスマのヨハネの首を頼みました。

ヘロデはそれを聞いて心が痛んだけど、自分のプライドのため、皆の前に自分の誓いを取り消せなかったので、ヨハネを殺しました。

多分、その前にヘロデはヨハネと話さなかったけど、私の想像では、ヘロデはヨハネにこう言いました。「ごめんなさい。俺はあなたのことが別に嫌いではない。実のところ、あなたを本当に尊敬している。でも、うちの娘はあなたの首ねだったのだ。」

私たちがヘロデの態度を非難するのは簡単なことだけど、どのぐらい私たちはイエス様にそんなことを言うでしょうか。

私たちがイエス様の言葉を聞くと、私たちの心がかき回されます。でも、その言葉に従わずに、私たちはイエス様とその言葉に背を向けてしまいます。なぜなら、私たちは自分のプライドや家族や、他の物を優先するから。

あなたはどうですか。教会のメッセージを聞くとき、このブログを読むとき、また、聖書を読むとき、その言葉があなたの心に染み込んで、あなたの心はなぜかあったかくなります。あなたは「この人を尊敬します。感心な方だ。」と思うかもしれません。

しかし、あなたは「けれでも。。。」と言ってしまいます。

そして、あなたは神様のみ言葉に背を向けてしまいます。

神様が送った人を尊敬することだけでは足りません。彼らが敬虔な人だと認めるのは足りません。もし彼らが神様の言葉にちゃんと伝えたら、あなたは行動しなくてはなりません。あなたは悔い改めなくてはなりません。なぜなら、いつか神様はあなたが聞いた言葉によってあなたを裁くから。

あなたはどうするでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中