マタイ10:14-31-迫害が来ると

迫害。

それはかなり嫌な言葉でしょうね。迫害については全然話したくありません。でも、聖書では、「迫害が来る」という警告は何回も出てきます。

パウロはこう言いました。

確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。(第二テモテ3:12)

「もしかしたら、迫害を受けるかもしれません」と書いてありません。「確かに迫害を受けます」と書いてあります。

前回の記事でも言いましたが、あなたがイエス様のようになりたいなら、必ずあなたを憎む人もいます。迫害は憎みの次の段階です。

だから、イエス様は弟子たちにも、私たちにも警告しました。イエス様は私たちのことを、狼の中の羊と呼びました。

迫害に関して、イエス様はどんな指示を与えてくださるでしょうか。

まず、気をつけなさい、ということです。あなたの信仰のためにあなたを攻撃する人もいます。イエス様は体に対する攻撃について話したけど、心に対する攻撃もあります。あなたの信仰のために、言葉を通してあなたを攻撃する人もいます。

その人を良く知っていてください。そして、感情的な危険があれば、また、物理的な危険があれば、すぐに逃げてください。福音を伝えた後、あなたの役割を果たしたから。もし、彼らがあなたの言葉を拒絶するなら、イエス様はこう言いました。

あなたがたの足のちりを払い落としなさい。(14)

それがちょっとおかしい表現に見えるけど、その文化では、異常なことではありませんでした。

ユダヤ人たちは外国を出た時、彼らはそうしました。なぜなら、そのちりをイスラエルに持っていくと、イスラエルは不潔になると思いましたから。

だからイエス様の意味したのは、「相手が福音を拒絶するなら、彼らが汚れたものになったことを伝えなさい。彼らは裁かれるけど、それは彼らのせいであることを伝えなさい。」ということです。

そして、立ち去りなさい。あなたの役割を果たしたので、彼らの暴力や酷い言葉をずっと受ける必要がありません。

でも一度迫害されると、私たちが将来の迫害を恐れるようになることは簡単なことです。だから、ほかの人々に福音を伝えることをためらうかもしれません。

でも、イエス様は私たちを励ましてくださいます。

だから、彼らを恐れてはいけません。おおわれているもので、現わされないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはありません。わたしが暗やみであなたがたに話すことを明るみで言いなさい。また、あなたがたが耳もとで聞くことを屋上で言い広めなさい。(26-27)

つまり、「私があなたに教えたことは最終的にみんなの前に現れます。迫害でも、その言葉を止めることができません。だから恐れるな。大胆にその言葉を伝えなさい。」

そして、イエス様はこう言いました。

からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、たましいもからだも、ともにゲヘナで滅ぼすことのできる方を恐れなさい。(28)

あなたの魂を滅ぼす方はサタンではありません。それは神様です。サタンは地獄の囚人になります。(サタンはまだ地獄にいないですが。)サタンは地獄の支配者ではありません。

でも覚えていてください。多くの人々が神様を拒絶したので、毎日彼らは死んで、地獄に行っています。不潔なものが天国に入らないので、神様は彼らを地獄に送らなくてはなりません。もし、私たちが彼らを愛しているなら、私たちの迫害の恐れを捨て、大胆に福音を延べ伝えるべきです。

そして、イエス様は私たちを慰めてくださいます。

二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。だから恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。(29-31)

つまり、迫害が来ても神様はあなたのことを決して忘れません。あなたを助けてくださいます。

そして、もしイエス様のために死ななくてはならないなら、神様があなたと共におられて、あなたはすぐにイエス様の顔を見ます。

だから迫害を恐れないでください。むしろ、私たちが与えられた命の言葉を大胆に伝えましょう。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中