マタイ12:22-32;マルコ3:22-30;ルカ11:17-23–自分の心を固くする危険性

この個所では、イエス様はもう一度パリサイ人たちに出くわします。その時、目も見えず、口もきけない人がイエス様のところに連れて来られました。この場合、その原因は悪霊でした。だから、イエスがその悪霊を追い出したあと、その人は目が見えるようになり、話せるようになりました。

周りの人々は驚いたけど、パリサイ人は、その奇跡がベルゼブル(つまり、サタン)の力によって行われたと言いました。

ところで、パリサイ人は決して、イエス様の奇跡を否定しませんでした。イエス様の力がどこから来たか疑っただけです。

現代の人々だけがイエス様が奇跡を行ったかどうか疑います。なぜなら、2000年前に起こったことは、疑いやすいから。でも、目の前の起こったことは、もっと否定しにくいです。それはパリサイ人たちの問題でした。彼らはイエス様のことが嫌いだったけど、イエス様の奇跡を否定できませんでした。

パリサイ人の態度は私の要点を描写します。私は前にも言ったんですけれども、何を見ても、あえて信じない人もいます。彼らは信じられないというわけではありません。むしろ、彼らは信じたくありません。だから、彼らは自分の心を固くして、神様の存在を否定するように、できるだけ神様の御業をごまかします。

だから、パリサイ人は、イエス様が汚れた霊につかれているし、サタンの力によって悪霊を追い出すと言いました。

でも、イエス様は、彼らに二つのことを言いました。

一つ目は、サタンが自分自身に戦うなら、サタンの国は立ち行くことができないということです。

二つ目は、イエス様がその悪霊を追い出したので、イエス様がサタンの味方ではないことを証明したことです。イエス様がサタンの国を攻撃したので、その悪霊は逃げたし、イエス様はサタンを縛って、人々を自由にしました。

そして、イエス様はパリサイ人たちに警告します。

だから、わたしはあなたがたに言います。人はどんな罪も冒涜も赦していただけます。しかし、御霊に逆らう冒涜は赦されません。また、人の子に逆らうことばを口にする者でも、赦されます。しかし、聖霊に逆らうことを言う者は、だれであっても、この世であろうと次に来る世であろうと、赦されません。(マタイ12:31-32)

マルコはイエス様の言葉を解釈しました。

このように言われたのは、彼らが、「イエスは、汚れた霊につかれている」と言っていたからである。(マルコ3:30)

つまり、パリサイ人は自分の心をあまりにも固くしたので、神様が何をしていたかもう分らなくなりました。それに、彼らは神様の御業がサタンから来たと言いました。

それは自分の心を固くする危険性です。長くそうすれば、最終的にあなたは聖霊の声が聞こえないし、神様の御業を見ても、認識できなくなります。あなたがそのようになってしまったら、あなたには、もう救いの希望がないです。だから、イエス様は、その態度を「赦されられない罪」と呼びました。彼らの心が固すぎたので、彼らには救いの希望がなくなったからです。

モーセの時代、パロもその罪を犯しました。だから彼は滅びました。

いつ人はそのところに至るでしょうか。神様だけがご存知です。ある人々の心が固すぎるように見えるかもしれないけど、結局彼らは救われるかもしれない。使徒パウロはそういう例です。

時々、クリスチャンは「私は赦されられない罪を犯したかなあ」と心配します。でも、あなたが心配しているなら、たぶんその罪を犯していません。もし、自分の罪が分かって、神様に対いして柔らかい心をもって悔い改めたら、心配しなくていいと思います。

自分の心を固くする人たちだけが心配した方がいいです。

どのように柔らかい心を保つことができるでしょうか。謙遜な態度をもって、罪を犯すなら、すぐに悔い改めるべきです。そして、毎日、イエス様のように、天の父の心を求めて、従うべきです。

あなたはどうですか。どんな心があるでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中