ルカ8:1-3--祝福されて、周りの人々を祝福すること

この個所は、とても短いけど、私たちが大切なことを学ぶことができると思います。

この話では、イエス様はあっちこっちに行って、福音を延べ伝えました。もちろん弟子たちはイエス様と一緒に行ったけど、三人の女性たちもついていきました。それは、マグダラの女と呼ばれるマリヤと、ヘロデ王の執事の妻ヨハンナと、スザンナという人でした。

私たちは、その三人についてあまり知らないけど、彼女らはイエス様に触れられました。イエス様はマリヤから七つの悪霊を追い出したし、ヨハンナとスザンナの病気を癒したか、彼女らから悪霊を追い出しました。要するに、その三人はイエス様に祝福されました。

だから、彼女らは感謝を持って、イエス様について行き始めました。それだけではなく、彼女らは経済的にイエス様のミニストリーをサポートし始めました。

私たちは、この話で何を学ぶことができますか。私たち皆はイエス様に祝福されました。一番大きな祝福は、イエス様が私たちの罪のために死んでくださったことです。でも、もしかして、イエス様はあなたの結婚や、家族を修復したかもしれません。あなたの過去の傷を癒したかもしれません。

もちろん、祝福を受けるのは、良いことです。でも、あなたは周りの人々を祝福しているでしょうか。あなたはいつも祝福をもらっているばかりでしょうか。もしくは、周りの人々に祝福を与えているでしょうか。

あるクリスチャンはこう思います。「どうして十一献金をささげるべきでしょうか。それは新約聖書の教えではありません。」

それはそうかもしれないけど、クリスチャンとして、私たちは気前がいい人になるように呼ばれました。(第二コリント8:7)

どうしてでしょうか。神様は、ただ私たちが恵みで満ちた器になるように望みませんから。神様は私たちが恵みのパイプラインになるように望みます。つまり、神様の恵みが私たちを通して流れて、周りの人々に触れるように望みます。

もちろん、それは教会を経済的にサポートすることですけど、それだけではありません。私たちの人生を神様にささげて、周りの人々に仕えるべきです。

あなたはどうですか。あなたはただの恵みで満ちた器でしょうか。もしくは、あなたは恵みのパイプラインでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中