マタイ11:1-6;ルカ17:18-24--疑いと戦うこと

私が聖書にあるヒーローも自分の疑いや恐れと戦うことを読むと、私はなんだか安心します。なぜなら、私は独りぼっちではないことが分かるからです。

バプテスマのヨハネも自分の疑いと恐れに戦いました。彼は神様のために本当に大切な仕事をしました。彼は、人々が悔い改めるように呼んで、イエス様の道を準備しました。でも、急にその仕事は終わりました。

ヘロデ王は自分の弟の妻と結婚したので、ヨハネはヘロデを責めました。ヘロデ王は怒って、ヨハネを捕まえて、牢に入れてしまいました。

多分、最初は、ヨハネは確信をもって、喜んで宣言しました。「メシアは来た。イエス様は私たちをこのいわゆる王や私たちの敵から救い出します。」

でも、時間が経っても、イエス様はいろんな素晴らしいことをしたけど、政治的なことに全然興味がなさそうでした。ヘロデ王は、まだガリラヤを治めていました。ローマ帝国はまだ立っていました。そして、ヨハネは、まだ牢にいました。

そして、時間が経てばたつほど、たぶん、ヨハネの確信がだんだん弱くなりました。もしかして、ある日、その確信は全くなくなったかもしれません。

「イエス様は本当にメシアだろうか。私は間違えただろうか。私はちゃんと神様の声を聞いただろうか。」

そして、ある日、ヨハネの弟子たちは、ヨハネのところにきて、おそらくヨハネにイエス様のことを話しました。もしかして、それを全部聞いた後、ヨハネは、静かに座りました。そして、その弟子たちに、こう頼みました。「ちょっと伝言を伝えてください。つまり、「おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも、私たちは別の方を待つべきでしょうか。」」

その弟子たちは、イエス様に近づいたとき、どう感じたでしょうか。ヨハネの失望を見て、彼らも疑い始めたでしょうか。とにかく、彼らはヨハネの伝言を伝えました。

イエス様はどのように反応したでしょうか。彼は怒りませんでした。イエス様は、ヨハネの薄い信仰を責めませんでした。むしろ、イエス様は、同情を持って、その弟子たちを見つめました。そして、イエス様は周りの病気な人、苦しんでいる人を見つめました。そして、イエス様は彼らを癒し始めました。目の見えな人も、耳が聞こえない人も、足の不自由な人も、病気な人も、イエス様はその皆を癒してくださいました。

そして、イエス様はもう一度ヨハネの弟子たちに向かって、こう言いました。

あなたがたは行って、自分たちの聞いたり見たりしていることをヨハネに報告しなさい。目の見えない者が見、足のなえた者が歩き、ツァラアトに冒された者がきよめられ、耳の聞こえない者が聞き、死人が生き返り、貧しい者たちに福音が宣べ伝えられている。だれでもわたしにつまずかない者は幸いです。(マタイ11:4-6)

時々、ヨハネのように、私たちは疑いと戦います。私たちは「イエス様が本当におられるだろうか」と疑問に思います。

私たちは自分の事情を見て、また、この世界を見ます。そして、私たちは、「私の信仰は本当の物だっただろうか。イエス様は私の信仰に値する方だろうか。もしくは、私の信仰は無駄なものだろうか。イエス様に従うのは本当に価値のないものだろうか。」

良かったのは、イエス様は私たちを疑いのために責めないことです。でも、イエス様は私たちに思い出させます。「私のしたことを覚えていてください。私はあなたを助けたことがあるでしょう。私はあなたを癒したでしょう。私はまだいるよ。私はまだあなたの人生で働いているよ。」

でも、それだけではなく、十字架を覚えていてください。その十字架はイエス様の愛を証明するから。そして、イエス様の復活によって、私たちはイエス様はが私たちを助ける力を持っている確信できます。

あなたは決して、イエス様に躓かないように。むしろ、イエス様が私たちが立つことができる土台になるように。その土台は私たちの下に決して崩れません。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中