ルカ6:43-45--あなたの心にあるもの

聖書を読むとき、私が気づいているのは、イエス様はしばしば同じたとえを使うけど、違う応用を教えることです。マタイの福音書では、悪い実を結ぶ木と良い実を結ぶ木について話すとき、イエス様はそのたとえを偽預言者に当てはめます。つまり、私たちは、預言者(または、牧師や、クリスチャンの著者)の実(その教えとその人の行動)を見分けなくてはなりません。

でも、ルカの福音書では、イエス様は、そのたとえを通して、私たちが自分の心を探るように挑戦します。この個所では、そのたとえについて話す前に、イエス様は、人々を裁くこと、人々を責めること、また、人々を許すことについて話しました。

そのことについて話した後、イエス様はこう言いました。

悪い実を結ぶ良い木はないし、良い実を結ぶ悪い木もありません。木はどれでも、その実によってわかるものです。いばらからいちじくは取れず、野ばらからぶどうを集めることはできません。良い人は、その心の良い倉から良い物を出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を出します。なぜなら人の口は、心に満ちているものを話すからです。(43-45)

イエス様は何を言っているでしょうか。イエス様は、私たちがどんな木であるか訊いています。私たちの心の中には、何が入っているでしょうか。相手を裁くことでしょうか。相手を責めることでしょうか。もしくは、相手を許すことでしょうか。

どうやって、私たちの心にあるものを見分けられるでしょうか。自分の口から出る言葉を見ると、見分けられます。なぜなら、私たちの口は、心に満ちているものを話すから。

もし心の中で、私たちは相手を裁き、責めるなら、そんな言葉が私たちの口から出ます。もし、私たちの心に恵みと許しが満ちているなら、そんな言葉が私たちの口から出ます。

イエス様の言葉に注目してください。悪い木は、相手を裁き、責める心です。でも恵み深く、相手を許す心は良い木です。

だから、私たちは自分自身にこう聞くべきです。「私たちの口から何が出ているだろうか。」

私たちはいつも相手を批判し、責めているでしょうか。もしくは、私たちの言葉は恵み深いでしょうか。私たちの言葉は、私たちがどんな木であるかを表します。

あなたはどんな木でしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中