マタイ7:15-23--教えを見分けること

イエス様は、救いに至る狭い門に入りなさいと言った後、私たちにこう警告します。

にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。(15)

多くの人々は、「預言者」と聞くと、「将来のことを預言する人」を考えます。でも本当の預言者には、ほかの役割もありました。彼らは、神様からの言葉を人々に宣言しました。旧約聖書では、イザヤや、エレミヤや、エゼキエルや、ダニエルがそうしていました。

でも、旧約聖書を読むと、あなたは、イエス様が言ったような偽預言者を見ることができます。彼らの見かけは良かったし、上手に話せたし、霊的な人々に見えました。でも実は、彼らの言葉は、地獄から来たものでした。そして彼らは、周りの人々を滅びに至る門に導きました。

残念なことですが、現代でも、そういう人がいます。彼らは「主はこう仰せられる。」と言うけど、実は、彼らは神様の言葉をゆがめています。

それでは、どうやって私たちは、本当の預言者に偽預言者と見分けられますか。イエス様は、こう言いました。

同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。こういうわけで、あなたがたは、実によって彼らを見分けることができるのです。(17-20)

要するに、私たちは彼らの結んだ実を見なくてはなりません。

それはどういう実でしょうか。

1.彼らの人生です。つまり、彼らは自分が伝えていることに従うでしょうか。もしくは、彼らは偽善者でしょうか。

もちろん、彼らは神様のみ言葉に完全に従うことができません。でも、彼らの信仰は、成長し続けているでしょうか。彼らは、だんだんイエス様のようになっているでしょうか。また、彼らは、自分の罪との戦いについて正直に話していますか。

2.彼らの教え。彼の口から何が出ているでしょうか。その言葉は、聖書に合っているでしょうか。もしくは、聖書に合っていないでしょうか。

説教者として、彼らには正確に聖書を教える責任があります。パウロはこう言いました。

あなたは熟練した者、すなわち、真理のみことばをまっすぐに説き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神にささげるよう、努め励みなさい。(第一テモテ2:15)

それは、説教者の責任です。

でも、聞き手として、私たちには、説教者の言葉を見分ける責任があります。使徒の働きでは、ベレヤ人たちは、そうしました。彼らは、ただパウロの言葉を聞き、受け入れたのではありませんでした。彼らは家に帰るとすぐに、パウロの言葉を聖書と比べました。そして彼らは、パウロの言葉が聖書と合っていると確認し、パウロの言葉を信じて、受け入れました。(使徒の働き17:11-12)

私たちはベレヤ人の模範に従うべきです。私たちは、牧師たちと説教たちの言葉を見分けなくてはなりません。彼らの教えが聖書に合うと、その言葉を信じて、従うべきです。でも、その教えが聖書に合わないなら、その教えを捨てなくてはなりません。

多くの牧師や伝道師は「イエス様は主」だと告白します。裁きの日に、ある人はイエス様の前に来て、こう言います。

主よ、主よ。私たちはあなたの名によって預言をし、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって奇蹟をたくさん行なったではありませんか。(22)

でも、イエス様は彼らにこう言います。

わたしはあなたがたを全然知らない。不法をなす者ども。わたしから離れて行け。(23)

残念なことですが、彼らに従う人たちも、地獄に行きます。なぜでしょうか。なぜなら、彼らは、その先生たちの教えを見分けませんでしたから。

あなたはどうですか。あなたは、教会で聞いたことを見分けるでしょうか。クリスチャンの本の教えも見分けるでしょうか。もしくは、見分けずに、その教えを信じるでしょうか。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中