マタイ7:6--相手に無駄に話すこと

前回の記事で私は書きましたが、イエス様は私たちが偽善的に裁くなと注意したけど、イエス様は私たちが罪を犯す人に叱責するべきだともおっしゃいました。でも、相手を叱責するとき、もう一つのことに注意するべきです。つまり、あなたは誰を叱責しているでしょうか。

イエス様はこう言いました。

聖なるものを犬に与えてはいけません。また豚の前に、真珠を投げてはなりません。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたを引き裂くでしょうから。(7:6)

イエス様が意味したものは何でしょうか。あなたが相手を叱責しても、聞いてくれない人もいるということです。その場合、あなたは無駄に話しています。なぜなら、彼らは神様からの言葉を聞きたがらないし、あなたが叱責しようとしたら、彼らはあなたを攻めるから。だから、イエス様は、そんな人に何も言わない方がいいと言います。

ソロモンも大体同じことを言いました。

あざける者を責めるな。おそらく、彼はあなたを憎むだろう。知恵のある者を責めよ。そうすれば、彼はあなたを愛するだろう。(箴言9:8)

その真理を福音を伝えることに当てはめられます。あなたが福音を伝えるとき、あなたをあざける人もいます。そんな人は、神様の手に委ねた方がいいです。あなたは自分の役割をもう果たしましたから。その責任は相手のものになりました。あなたには、福音の真珠を彼らに投げ続ける必要がないのです。

福音をあざける人を見ると苦しいです。神様のみ言葉に心を固くする人を見ると辛いです。でも、あなたがそのみ言葉を伝えて、相手がその言葉を拒否したら、あなたはその人のために祈るしか何もできません。あなたではなく、神様だけが相手の心を変えることができます。

あなたは誰に真珠を投げているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中