マタイ6:7-8--無駄な言葉

祈りは簡単なのものです。でも祈りは、なんだか難しいものです。

根本的に、祈りは神様と話すことです。私たちがほかの人々と話すように、私たちは神様と話します。

でもそれなら、どうして、祈りはそんなに難しいでしょうか。

多分、一つの理由は、私たちが耳で、神様の答えを聞くことができないからです。モーセのように、私たちが神様と話すことができたら、祈りは、もっと簡単なものになるでしょう。

でも、私たちが、そのように会話できないので私たちはよく「神様は本当に私の祈りを聞いてくれるだろうか。もしかして、私は間違った方法で祈っているだろうか。」と疑問に思います。

だから、多くの人々は、自然に神様と話せずに「祈りの形式」を使用します。つまり、「主の祈り」を彼らの祈りの方式にします。

でも祈りは、ただの形式ではありません。主の祈りによって、私たちは祈りがどんなものか分かるし、どんなことについて祈るべきか理解できます。でも、主の祈りは魔法の言葉ではないです。その言葉を言っても、神様はあなたの言葉を聞くとは限りません。

でも、多くの人々はそのように考えます。彼らは、主の祈りをただの形式にします。なぜなら「イエス様は、そのように祈りなさいと言ったでしょう?」と思うから。

しかし、イエス様はこう言いました。

また、祈るとき、異邦人のように同じことばを、ただくり返してはいけません。彼らはことば数が多ければ聞かれると思っているのです。だから、彼らのまねをしてはいけません。あなたがたの父なる神は、あなたがたがお願いする先に、あなたがたに必要なものを知っておられるからです。(7-8)

つまり、神様と普通に話した方がいいです。特別な言葉は要りません。長く祈らなくてもいいし、本当に美しい言葉を使わなくてもいいです。そんな祈りは、神様を感動させないから。神様は、あなたの心からの言葉だけを聞くことを望みます。

時々、人々は、こう訊きます。「もし、神様が私の願いをするより先に、私に必要なものを知っておられるなら、どうして祈らなくてはならないのだろう。」

なぜなら、神様は、あなたとの親しい関係を望むから。もちろん、私たちが話さなくても神様は、私たちの思いをよく知っておられます。もちろん、私たちが願いをしなくても、神様は私たちのニーズに備えることができます。

でも、私たちが祈るとき、私たちが神様に出会うので、その関係はもっと親しくなります。神様は何よりも、そんな関係を望みます。

でも、私たちが何を言っているか考えずに祈れば、また、私たちがただの暗記した言葉を繰り返せば、そんな親しい関係ができません。

神様は、私たちの祈りを聞きます。それに、私たちがちゃんと聞けば、神様は私たちに話しかけます。だから、形式的な祈りを止めましょう。むしろ、私たちの心から神様と話しましょう。すべての喜びや、悲しみや、悩みを伝えましょう。

あなたは、どうですか。あなたは、本当に祈っているでしょうか。もしくは、ただの無駄な言葉を言っているでしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中