マタイ5:38-42;ルカ6:29-30--でも、フェアじゃない

多分、すべての人々は、フェアなことを望みます。だから、物事がフェアじゃないと思うと私たちは「フェアじゃない」と叫びます。でも、それは、ベストな反応でしょうか。

イエス様の言葉は、私たちのすべての本能に反対します。

イエス様はこう言いました。

「目には目で、歯には歯で」と言われたのを、あなたがたは聞いています。しかし、わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。」(マタイ5:38-39)

38節は、神様の律法から来ました。(出エジプト記21:23-25)

その出エジプト記の個所では、神様はモーセと裁判官に、どうやって悪い行動を罰するか教えました。神様は、復讐に関して話していませんでした。その要点は、罪に応じた罰を与えるということです。つまり、過度に罰してはいけません。

例えば、誰かが相手の目に害を与えたら、相手の人はその人を殺してはいけません。

それでも、実は、モーセや裁判官は文字通りにはその律法に従いませんでした。それは、神様の意図ではなかったから。もし、あなたがその個所の後に読んだら、その律法の応用を見ることができます。普通は、相手が償いをしなくてはなりませんでした。

とにかく、その律法のポイントは公平さ、つまり正義です。

でも、この個所では、イエス様は、私たちが公平さについて心配しすぎないべきだと言いました。むしろ、あなたを傷つける人々に対して、あなたは光になるべきです。

イエス様の最初の例は興味深いです。

なたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。(マタイ5:39)

私は左利きなので、私にとって相手の右の頬を打つのは、簡単なことです。でも、ほとんどの人々は、右利きです。だからその人は、相手の右の頬をガツンと打ちたいなら、手の甲で打たなくてはなりません。

つまり、イエス様は、あなたに対する暴力ではなく、侮辱に関して話しています。ユダヤ人の文化でも、相手を手の甲で打つのは、侮辱と見なされました。

だから、イエス様の意味は、相手があなたを侮辱したら、それを許しなさい、ということです。相手に侮辱を返す必要がありません。

それは、フェアでしょうか。それは、フェアではありません。でも、イエス様は、「公平なことを気にするな。恵みを与えなさい。」と言います。

そして、イエス様は、こう言いました。

あなたを告訴して下着を取ろうとする者には、上着もやりなさい。(40)

イエス様の時代に、イスラエル人の皆は、たくさんの下着を持っていましたけど、多くの場合、上着は一枚しか持っていませんでした。そして、寝るときに、彼らは、その上着を毛布のように使いました。だから、律法によれば、もし、貧しい者が上着を担保として使ったら、毎晩、相手は必ずその上着を返さなければなりませんでした。(申命記24:12-13)

でも、イエス様は「もし、相手があなたを告訴して下着を取るなら、公平であることを気にせずに、あなたの上着も与えなさい。」と言いました。

また、ローマの律法によれば、ローマの兵隊は、ユダヤ人に荷物を1.5キロぐらい運ばせるように命令できました。もちろん、ユダヤ人は、そんなことを全然したがりませんでした。でも、イエス様は「1.5キロだけではなく、3キロ運びなさい。」

そして、イエス様は、こう言いました。

求める者には与え、借りようとする者は断わらないようにしなさい。(42)

では、相手が私たちのやさしさに付け込むことを許してもいいでしょうか。

そういうわけでもないです。でも、私たちは、あまりにも公平さについて心配するなら、私たちは、フラストレーションをよく感じます。なぜなら、ここは、不公平な世界だから。私たちは、それをコントロールできません。

私たちがコントロールできるのは、私たちの態度です。

私たちは、フラストレーションを感じて、叫ぶことができます。私たちは、戦うことができます。

もしくは、私たちは、相手に恵みを与えることができます。憐れみを与えることができます。

イエス様は、私たちのためにそうしてくださいました。

イエス様が十字架で死ぬのは、フェアではありませんでした。イエス様は、何も悪いことをしていませんでした。それでも、イエス様は、私たちに恵みと憐れみを与えてくださいました。だから、私たちは、神様からの赦しと永遠の命を知るようになりました。

イエス様が私たちにその恵みと憐れみを与えるなら、私たちも、周りの人々にそうするべきじゃないでしょうか。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中