マタイ5:23-26--和解

前の記事で、私たちはこの言葉を読みました。

平和をつくる者は幸いです。(マタイ5:9)

その言葉を読むと、多くの場合、私たちはケンカしている二人の友達を助けることを考えます。

でも、もう一つの場合、私たちは平和を作る者になるべきです。つまり、私たち自身はケンカするとき、平和を作るものになるべきです。

イエス様はこう言いました。

だから、祭壇の上に供え物をささげようとしているとき、もし兄弟に恨まれていることをそこで思い出したなら、供え物はそこに、祭壇の前に置いたままにして、出て行って、まずあなたの兄弟と仲直りをしなさい。それから、来て、その供え物をささげなさい。(5:23-24)

注意事項が二つあります。

まずは、イエス様は「もしあなたの兄弟があなたに恨みをもつなら、あなたは彼のところに行って、仲直りしなさい。」と言います。

多くの場合、私たちが悪いことをしていないと思うのに、誰かが私たちに怒っています。だから、私たちは、「それは彼の問題です。私には関係ない。」と言います。

でも、そうするなら、実はあなたは、彼のことを見下しています。あなたは口で言わないかもしれないけど、あなたの行動によって、「この人は私の時間に価値しない。もし彼が問題があれば、彼はこっちの方に来た方がいい。」と言う態度を示します。

でも、イエス様はそんな態度を許しません。もし、誰かが私たちを恨んだら、私たちは積極的に仲直りしようとしなくてはなりません。

時々、あなたは謝らなくてはなりません。

あなたはこう言うかもしれません。「でも、私は悪いことをしていないのに。」

そうかもしれません。相手は繊細過ぎるかもしれません。それでも、相手の感情を考えてください。もし、あなたの行動や言葉で、彼らを傷付けたら、あなたは謝るべきです。

あなたは、せめて、「私は、思わずあなたを傷つけてしまって、ごめんなさい。許してくれませんか。」と言った方がいいです。

そして、彼らを傷つけた言葉や行動をもう一度しないように気を付けるべきです。相手のためだけではなく、彼らのために十字架で死んだイエス様のためです。

二つ目のは、私たちの壊れた人間関係は、私たちの神様との関係に影響を与えることです。

もし私たちができるだけ、相手と仲直りしようとしないと、神様は私たちの供え物を受け入れてくださいません。ペテロも、主人が妻を思いやりに扱わないと、神様があなたの祈りを受け入れないと言いました。(第一ペテロ3:7)

それに、もし私たちが本当に悪かったら、イエス様は私たちがすぐに、積極的に償いをしなくてはならないと言いました。

あなたを告訴する者とは、あなたが彼といっしょに途中にある間に早く仲良くなりなさい。そうでないと、告訴する者は、あなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡して、あなたはついに牢に入れられることになります。まことに、あなたに告げます。あなたは最後の一コドラントを支払うまでは、そこから出ては来られません。(5:26-28)

でも、あなたが悪くなくてもできるだけ、相手と仲直りをしようとするべきです。

もう一つのポイントがあります。時々、相手には私たちと仲直りする気がありません。それは私たちがコントロールできません。私たち自身の行動だけがコントロールできます。

だから、相手のために祈ってください。相手と仲直りするために何をした方がいいか、神様に尋ねてください。そして、神様があなたにアイデアを与えてくださるなら、そうするべきです。

そのあとのことは、相手の責任です。もし、彼らが反応しないと、その状況を神様の手にゆだねることしかありません。

パウロはこう書いた。

あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。(ローマ12:18)

あなたの周りの人々と、どんな関係があるでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

マタイ5:23-26--和解 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ルカ13:20-38--目を覚ます必要 | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中