マタイ5:13-16–塩と光

この個所は本当に有名ですけど、どれだけ私たちは、その前後に気づくでしょうか。その前後は何でしょうか。

イエス様は迫害について話していました。つまり、私たちがイエス様のために迫害されたら、私たちは祝福されています。(5:10-12)

その言葉を言った直後、イエス様は言います。

あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。(5:13)

私たちは、どのように塩気をなくしてしまうでしょうか。私たちが家族や友達からのプレッシャーに負けて、イエス様に従わずに、彼らのようになるなら、私たちは塩気をなくします。

なぜなら、私たちは彼らを恐れて、彼らを喜ばせようと思いすぎるので、神様を私たちの人生に第一にすることを忘れてしまうから。

私たちは、地の塩になるべきです。塩は、食べ物を保存します。例えば、肉が腐らないように塩を使うことができます。

そのように、私たちの文化が腐らないように、私たちは人々に神様の道を教えます。でも、それだけではなく、私たちの行動を通して、私たちは彼らに神様の道を示します。そして、私たちを通して、彼らは健全な人生と壊れた人生の違いが分かります。

そして、塩は食べ物に味を付けます。そのように、私たちはこの世にイエス様の愛で味を付けるべきです。

でも、私たちは、この世の民のようにふるまうと、この世を保存できないし、この世に味をつけることができません。

それに、神様は、この世の光になるために、私たちをこの世に置きました。私たちは隠れる事ができない町になるべきです。どうしてでしょうか。私たちは、道に迷った人々、また、傷ついて、死にかけている人々に、神様の栄光を示すためです。

それなら、どうして私たちは、相手からのプレッシャーのためにその光を隠すでしょうか。

あなたはどうですか。あなたは、この世の民のようになったので、あなたの塩気をなくしたでしょうか。あなたの光は、周りの人々に見えなくなりましたか。

誰を喜ばせたいでしょうか。神様でしょうか。もしくは、周りの人々でしょうか。私たちはイエス様の言葉に従いましょう。つまり、

あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。(マタイ5:16)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中