マタイ5:7--憐れみ

何年前、私は不思議な夢を見ました。その夢では、私は中国でミニストリーの訓練を受けていました。(実際、私は中国に行ったことがないのですが。)

そしてその先生は、こう言いました。「あなたたちは、聖書をよく知っているでしょう。でも、あなたたちは、毎日その言葉に従っているでしょうか。」

そして、彼は憐れみについて話し始めて、この個所を引用しました。

「わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない」とはどういう意味か、行って学んで来なさい。(マタイ9:13)

その言葉を聞いたとたん、私は目が覚めてしまいました。

私は、「これはどういう言う意味だろうか。」と思いました。

その夢を見たとき、私はハワイの旅行中でした。そして、その夜、私の兄の教会に行って、礼拝が始まる前に、私はそのマタイの個所をもう一度読みました。

賛美の時間の後、兄はヤコブの手紙からのメッセージを伝えました。そのテーマは?憐れみでした。

その次の日曜日、私は自分の教会に戻って、私の牧師は、また憐れみについて話しました。

だから私は、「神様は私に憐れみのことを学んでほしいかなあ」と思いました。

そして、神様は私に憐れみについて教え始めました。

今でも、私は、憐れみについて学んでいます。私は自分が全く憐れみ深い人だと言いたいけど、そう言えません。私はまだまだ成長しなくてはなりません。

イエス様はこう言いました。

あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。(5-7)

憐れみというのは何ですか。

一つ目は、人々をいつも裁かないことです。つまり、彼らが私たちの基準や期待を満たすことを要求することを止めることです。

ある日、神様は私にそのことを教えました。ある日、私が英会話の生徒を教えたとき、彼らはあまり上達していなかったので、私はフラストレーションを感じました。

私は「私がこのことを何回も教えたのに、どうしてあなたは覚えていないのだろう。もう学んだはずなのに。なぜ覚えられないのですか。」と思いました。(もちろん、私は口で言いませんでしたけど。)

でも神様は、私にこう言いました。「ブルース、自分が立てた基準によって、彼らを裁くな。あなたは、彼らがそのことを知っているはずだと思うかもしれないけど、彼らは知りません。だから、彼らを批判するのを止めて、彼らのレベルを受け入れなさい。そして、彼らの英語のニーズを理解して、そのニーズに備えるように働きなさい。」

多くの場合、私たちの友達や、妻や、夫や、同僚や、子供が私たちの期待を満たさないので、私たちは彼らを批判します。でも、憐れみというのは、彼らを批判せずに、私たちは自分自身にこう訊くことです。「彼らの必要は何だろうか。 どうやって、私はそのニーズに備えられるだろうか。」

イエス様とパリサイ人の態度は全然違いました。福音の中で、イエス様は人々に仕えたけど、パリサイ人は人々を裁きました。

憐れみというのは、もう一つの意味があります。それは、人を許すことです。多くの人々は私たちの赦しに値しません。決して謝らない人もいます。だから、私たちの心に、怒りと恨みは重ねます。

英語では、「resent」、つまり「恨み」という言葉は、「もう一度感じる」という意味です。私たちが恨みを持つとき、私たちはもう一度、相手から受けた傷を感じます。

恨みと苦々しい感じは私たちを過去に縛り付けます。神様は、あなたのために、そう望みません。神様は、私たちがその恨みを手放して、神様の目的のために生きることを望みます。神様は素晴らしい目的のために私たちを造りました。でも、もし私たちが恨みを持ち続けると、その目的に果たすことができません。

それに、私たちが神様からの憐れみに値しなかったのに、神様はその憐れみを私たちに注ぎました。そのように、私たちは、値しない人に憐れみを与えるように呼ばれました。

イエス様は何回も言いました。「もし神様からの憐れみを望むなら、周りの人々に憐れみを与えるべきです。」

この個所でイエス様はそう教えたし、主の祈りでそう教えたし、また、たとえ話でそう教えました。

あなたはどうですか。あなたは、憐れみ深い人でしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中