マタイ5:4--悲しむ人

私は山上の垂訓に関するメッセージをたくさん聞いたり、聖書を解釈する本をたくさん読んだりしました。そして、多くの聖書学者と牧師たちによれば、この個所の意味は、「自分の罪を嘆く人は幸いだ」ということです。

もちろん、その解釈は「心の貧しいもの」というアイデアに合っています。(5:3)つまり、私たちは自分が霊的に破産している人であることを認めて、その罪を嘆きます。

実は、罪を嘆くのは、時々良いことでもありますが、悪いことでもあります。もし、その嘆きの結果が悔い改めなら、それは命に至ります。でも、もしその嘆きの結果が絶望なら、それは死に至ります。ペテロとユダの話をちょっと考えてください。ペテロは悔い改めたので、命を見つけました。でも、ユダは絶望してしまって、自殺しました。

だから、私たちの嘆きが私たちをどこに導くか考えてください。

嘆きは神様とその恵みに導くでしょうか。

もしくは、私たちは自分自身と自分の悪さに焦点を当てすぎるでしょうか。

もし、私たちが神様とその恵みに焦点を当てると、私たちは神様に慰められます。

でも、自分自身と自分の悪さに焦点を当てすぎると、絶望に至ります。

しかし、この個所では、イエス様が罪を嘆くことについて話したかどうか、私は確信がないです。

もちろん、私たちは罪を嘆くべきです。でも、罪によって壊れたこの世界を嘆くときもあります。

私たちが愛している周りの人々が病気になったり、死んだりするので、私たちは悲しみます。人々が互いに傷つけ合うことを見て、私たちは嘆きます。戦争や、飢餓や、苦しみを見るとき、絶望するのは簡単なことです。私たちは将来の希望があるかどうか疑い始めます。

でも、私はもう一度訊きます。それらを見るとき、私たちはどこに焦点を当てるでしょうか。もし自分自身に焦点を当てるなら、絶望に至ります。なぜなら、私たちはすべてのひどいことを変える力がないから。

でも、もし私たちが神様に焦点を当てるなら、希望に至ります。なぜなら、神様は私たちの状況と問題よりも大きい方し、神様は壊れたものを回復させることができるから。

神様は、壊れた人間関係を復活させることができます。死んだ結婚を復活させることができます。死んだ希望を復活させることができます。霊的に死んだ人を復活させることができます。

自分の罪のため、あなたの人生は壊れているでしょうか。あなたの傷、また周りの人の傷を見るとき、嘆いているでしょうか。自分自身を見ないでください。むしろ、死んだものを復活させる方に仰いでください。そうすれば、あなたは慰められます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中