ルカの福音書6:24-26ーー自己満足の問題です

イエス様は、貧しいもののための神様からの祝福について話したあと、金持ちと自己満足な人たちに注目しました。

しかし、あなたがた富む者は哀れです。慰めをすでに受けているから。いま食べ飽きているあなたがたは哀れです。やがて飢えるようになるから。いま笑うあなたがたは哀れです。やがて悲しみ泣くようになるから。みなの人がほめるとき、あなたがたは哀れです。彼らの父祖たちも、にせ預言者たちに同じことをしたのです。(6:24-26)

それらは、本当に厳しい言葉でした。でも、イエス様の祝福がすべての貧しいものためじゃなかったように、この厳しい言葉はすべての金持ちのためではありませんでした。

むしろ、この言葉は自己満足をしている人のためでした。彼らは気楽すぎて、神様のことを別に要らないと思っていたから、神様とその御国をほとんと考えていませんでした。

でもある日、彼らは、その富や、食べ物や、快楽や、快適な人生は一時的なものであることを理解するようになります。

その日、彼らは何もを持たずに、神様の前に立ちます。そして神様は、彼らに尋ねます。「あなたは私の一人子について聞いたとき、どうしていましたか。」

もし、彼らがイエス様を拒絶していたなら、いつか彼らは永遠に地獄にいます。

あなたも、そうです。

あなたはどうですか。あなたは神様のことが要らないと思うでしょうか。あなたの人生は幸せで、ほかのものが要らないと思うでしょうか。

多くの人々は大体70-80年ぐらい生きることを覚えていてください。でもそのあと、彼らは永遠に向かいます。もしくは、あなたは永遠に神様と共にいます。もしくは、あなたは永遠に地獄にいます。

もし、あなたが神様を拒絶すると、この世であなたが楽しんでいたことは無意味になります。

もしこの世で、あなたが神様を拒絶すると、永遠の時代において、神様はあなたを拒絶します。

でも、もしあなたが心の王座を神様に譲ると、あなたはいつか神の国に住むだけではなく、この人生も満ちたものになります。そして、イエス様のためにあなたがこの世に苦しんでも、いつか、あなたは振り返って、「それはよい人生だった」だと言います。

イエス様はこう言いました。

わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。(ヨハネ10:10)

あなたは、何によって満足するでしょうか。自分自身でしょうか。あなたの持ち物でしょうか。もしくは、あなたを愛して、十字架であなたのために死んだ者によって、満足するでしょうか。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中