マタイ10:1-4;マルコ3:7-19;ルカ6:12-16ーーイエス様と一緒にいるように呼ばれた。出て行って、この世に触れるように呼ばれた。

この箇所では、私たちはイエス様の増えている人気さを見ることができます。多分、その増えている群衆とその必要のため、イエス様は12人の弟子たちを選んで、訓練し始めました。

人間としては、イエス様はある瞬間、一つの場所にしかおられることができませんでした。だから、そんなにたくさんの人に触れるのには、お手伝いが必要でした。

でもイエス様は、本当に雑多なグループを選びました。漁師や、ローマ帝国と協力するもと税取人や、ローマ帝国を憎んだ愛国者がいました。いろんな性格もありました。大胆なペテロもいたし、懐疑的なバルトロマイ(つまり、ナタナエル)とトマスもいたし、短気なヤコブとヨハネもいました。

イエス様は、ざまざまな人を選びました。でもイエス様は、彼らが三つのことをすることを要求しました。

そこでイエスは十二弟子を任命された。それは、彼らを身近に置き、また彼らを遣わして福音を宣べさせ、悪霊を追い出す権威を持たせるためであった。(マルコ3:14-15)

一つ目は(また一番大切なのは)、彼らがイエス様の近くにいることです。彼らは、イエス様と時間を過ごし、イエス様から学んびました。今なお、イエス様は、そんな人を求めています。イエス様は、私たちがイエス様の生活に参加するように望みます。私たちがイエス様をもっと知るように望みます。また、私たちがもっとイエス様のようになるように望みます。

二つ目は、彼らがイエス様から学んだメッセージを周りの人々に伝えることです。多くのクリスチャンは聖書を読んで、神様との関係では、成長します。でも、それは足りません。神様は私たちが聖書のメッセージを周りの人々に伝えるように望みます。私たちがそうしないと、彼らは神様からの喜びを決して知らないから。

三つ目は、彼らが霊的な戦いに参加することです。あなたは、悪霊を追い出す機会がないかもしれないけど、毎日、私たちは霊的な力と戦います。パウロはこう書きました。

私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。(エペソ6:12)

イエス様は、私たちが人とではなく、サタンと悪霊と戦うように呼びます。彼らは人々を騙して、地獄に行くように働いているから。私たちは、その魂のために戦わなくてはいけません。毎日、彼らは死にかけて、地獄に行っています。でも神様は、そのことを望みません。神様は、私たちが出て、彼らのために戦うように望みます。私たちがそうすれば、その人たちは救われるかもしれません。

それは、キリストの弟子です。私たちがイエス様と一緒にいることです。私たちが出て、福音を伝えることです。そして、霊的な戦いに参加することです。

あなたはどうですか。キリストの弟子として、あなたはそうしているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中