マタイ12:9-14;マルコ3:1-6;ルカ6:6-11ーーイエス様を悲しませること

私たちがこの三つの箇所をまとめると、この話の全体を見ることができると思います。

イエス様は会堂にいて、片手のなえた人を見ました。でも同時に、イエス様はパリサイ人たちと律法学者たちに気づきました。そして、彼らはイエス様がその人を安息日に癒やすかどうかじっと見ていました。(マルコ3:1-2)

イエス様は、彼らの思いをよく知っていました。だからイエス様は、その手のなえた人を呼びました。そのとき、そのリーダーたちはイエス様にこう尋ねました。

安息日にいやすのは正しいことでしょうか。(マタイ12:10)

イエス様は、いつものように、質問で答えました。

あなたがたに聞きますが、安息日にしてよいのは、善を行なうことなのか、それとも悪を行なうことなのか。いのちを救うことなのか、それとも失うことなのか、どうですか。(ルカ6:9)

もちろん、そのリーダーたちは、その質問に答えられませんでした。もし、彼らが「安息日に善を行うのはだめです」、または、「命を救ってはだめです」と言ったら、彼らは馬鹿者と見なされたでしょう。でも、もし彼らが、「善を行ってもいいです。命を救ってもいいです。」と答えたら、イエス様は「よし、この人を癒やします」と言ったでしょう。

そして、もちろん彼らは「悪を行うのは良いです」、または、「命を失うのは良いです」と全然言えませんでした。

だから、彼らはずっと黙っていました。英語のことわざは本当に正しいと思います。「Better to remain silent and be thought a fool than to speak and to remove all doubt.」

つまり、「あなたが黙っていて、周りの人々にあなたが馬鹿者だと思われる方が、あなたの言葉によって、周りの人々があなたが馬鹿者だとはっきり分かるよりも良いです。」

ルカはイエス様が彼らの答えを待っていたと言うけど、マルコはもう少し情報を与えてくれます。

イエスは怒って彼らを見回し、その心のかたくななのを嘆き[ました。] (マルコ3:5)

だから、イエス様は、彼らにもう一つの質問を訊きました。

あなたがたのうち、だれかが一匹の羊を持っていて、もしその羊が安息日に穴に落ちたら、それを引き上げてやらないでしょうか。人間は羊より、はるかに値うちのあるものでしょう。(マタイ12:11-12)

つまり、「あなたは自分の羊を助けるでしょう。どっちの方が大事でしょうか。羊でしょうか。人間でしょうか。もし、人間の方が大事なら、どうして私が安息日に人を癒やすと、あなたたちは私を責めるでしょうか。」

だから、イエス様は自分の疑問に答えます。

それなら、安息日に良いことをすることは、正しいのです。(マタイ12:12b)

そして、イエス様はその人を癒やしました。

この話には、皮肉的なことがあります。イエス様は彼らに「安息日にしてよいのは、いのちを救うことなのか、それとも失うことなのか、どうですか。」と訊きました。

そのリーダーたちは、この事件の後、イエスをどのようにして殺そうかと相談を始めました。安息日に、そのことを考え始めました。(マルコ3:6)

でも、もう一つのことは私の心を打ちます。イエス様は彼らのかたい心を見ると、嘆きました。彼らの伝統と律法主義の考え方によって、彼らの心が固まったほど、神様の言葉と真理はその心を貫くことができませんでした。彼らの心では、彼らが間違っていたと分かりました。だから彼らは黙っていました。でも、彼らが間違っていると認めませんでした。

あなたはどうですか。神様に対するかたくなった心がありますか。あなたの行動や、思いが間違っているので、神様はあなたに話しています。だから、あなたが悪かったと分かります。あなたが変わらなくてはならないと分かります。でも、あなたは自分の間違った考え方や、罪にしがみついています。そうすると、あなたは神様を悲しませます。

なぜなら、神様はあなたの最善を望むから。でも、あなたの罪によって、あなたは神様も、周りの人々も、あなた自身も傷つけます。

だから、あなたの心を開いてください。神様のみ言葉を受け入れてください。私たちのために死んだイエス様を悲しませないように。むしろ、イエス様を喜ばせましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

マタイ12:9-14;マルコ3:1-6;ルカ6:6-11ーーイエス様を悲しませること への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ルカ14:1-6--議論を通して、人を救う? | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中