ヨハネ5:16-18--イエス様はだれでしょうか

イエス様はだれでしょうか。イエス様に出会った人々のすべては、その質問に答えなくてはいけませんでした。

今なお、人々はイエス様に出会うと、その質問に答えなくてはいけません。

ユダヤ人たちも、イエス様と話したとき、その疑問に直面しました。イエス様はこう言いました。

わたしの父は今に至るまで働いておられます。ですからわたしも働いているのです。(5:17)

私たちにとっては、その言葉は別にショッキングではないかもしれないけど、ユダヤ人たちは本当に面くらいました。

なぜなら、その時代、誰も神様を「私の父」と呼ばなかったから。「私たちの天の父」と言ったかもしれませんけど、「私の父」と言いませんでした。なぜななら、「神は私の父」というのは、「私は神性を持っている」という意味でした。どうして、ユダヤ人たちは、そのように思ったのでしょうか。

ちょっと考えてください。子供たちは、その父と同じ姿を持ちます。父が人間なら、その子供も人間です。父がサルなら、その子供もサルです。父が猫なら、その子供も猫です。

だから、もしイエス様の父が神なら、イエス様はだれでしょうか。

もちろん、私は、神様がイエス様を産んだのだと言うわけではありません。また私は、神様が結婚して、その妻はイエス様を生んだと言っていません。イエス様は、永遠から天の父と聖霊様と一緒におられました。イエス様と天の父と聖霊様は神性を持っている。それでも、神は、一つしかおられません。どうやって、神様の御姿を説明できるかだれも知りません。でも神様は、そのように自分自身を現わされました。

それでは、私たちにとっては、その真理はどういう意味でしょうか。

もしイエス様が神なら、私たちはイエス様の言葉を無視できません。イエス様はただの人間ではないです。私たちは、イエス様の言葉に反対する権利がありません。むしろ、私たちは、その言葉を真理として受け入れ、その言葉に従わなくてはいけません。

あなたはどうですか。イエス様がだれだと思うでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中