マタイ9:9;マルコ2:13-14;ルカ5:27-28ーー救われる希望がない?


私はこの箇所が大好きです。なぜなら、この箇所から、私たちは大切なことを学ぶから。つまり、私たちがどんなに悪くても、神様は私たちを救うことができます。

ある日、イエス様は収税所に近づいて、マタイという取税人を見ました。マタイがイエス様を見たとき、マタイは自分の心の中で何を考えたでしょうか。

私は分からないけど、多分彼は後悔の思いを持っていました。彼は数年前、自分の魂を売ったから。

イスラエル人は取税人が大嫌いでした。収税人がローマ帝国のために税金を預かったので、収税人は敵に協力する人と見なされました。それに、彼らはイスラエル人同士からローマ帝国が要求したよりも、お金を要求しました。そして、その余分のお金を自分のポケットに入れました。

どうしてマタイがその進路を選んだか、私たちは分かりません。でも多分、時間が経てば経つほど、彼にとっては、そのお金の価値はなくなりました。つまり、彼が何を買っても、彼は喜ばず、惨めになりました。

マタイはイエス様を見ると、多分イエスについて行った群衆を羨ましいと思ったかもしれません。多分、彼もイエス様について行きたかったのです。彼はイエス様の教えを聞いたし、イエス様の奇跡について聞きました。そして、彼はイエス様に従えば、その惨めな人生から救われると思ったかもしれません。

でも、多分彼はこう思いました。「それは無理だ。私はもうだめだ。イエス様は決して私のような者を弟子として受け入れないだろう。」

でも突然イエス様は、マタイが座っている収税所の前に立ち止まりました。そして、イエス様は、マタイに目を留めました。マタイがイエス様の目を見ると、多分彼が自分の心のすべてがばれたと思ったので、恥ずかしくなり、彼の頭は下がりました。

でも、イエス様は「マタイ」と呼びました。

マタイはイエス様の目を見ると、その中に叱責を見ませんでした。むしろ、慈悲を見ました。赦しを見ました。

そして、イエス様は彼にこう言いました。「私について来なさい。」

それは単純な言葉です。「私についてきなさい。」

でも、その言葉の中には、深い意味がありました。「あなたにとって、遅すぎることはありません。あなたを赦します。あなたには、希望があるよ。救いがあるよ。私についてきなさい。」

だから、マタイはすべてを捨てて、イエス様について行きました。もちろん、彼の心の中には、まだいろんな罪がありました。でも、その日、彼は新しい人生に踏み切りました。

あなたはどうですか。あなたが救われる希望がないと思いますか。あなたがもうだめなので、神様は、あなたのことをあきらめたと思いますか。

神様はあなたのことをあきらめていないです。神様は、まだあなたのことを愛しています。神様は、慈悲深い目であなたを見ます。神様は、赦しと哀れみをあなたに与えてくださいます。あなたが踏み切って、神様に従い始めさえすれば、神様はあなたを受け入れます。

もちろん、あなたの人生は急に変わりません。それは時間がかかります。マタイのように、あなたは一晩で、完璧になりません。時々、あなたは罪と戦います。時々、あなたは失敗します。でも、あなたが、「イエス様、あなたに従いたいです。私の主になってください」と祈れば、イエス様は、あなたにイエス様に従える新しい心を与えてくださいます。そして、イエス様があなたの心を変えて、あなたの行動もだんだん変わり始めます。

あなたは、その新しい人生に踏み切るでしょうか。

イエス様、私は失敗しました。私は罪を犯しました。私は自分の道を行きました。赦してください。私が何回も失敗したけど、あなたが私を救うために十字架で死んでくださり、ありがとうございます。私にとって、希望があって、感謝します。

これから、私は、あなたに従いたいです。私に新しい心を与えてください。あなたに従う心を与えてください。私をあなたのものにしてください。私の主になってください。私を変えてください。イエス様の御名によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中