ヨハネ3:22-35ーー人々は誰に従うべきか

弟子造り。弟子造りについて考えれば考えるほど、私は弟子造りの大切さが分かります。でも、弟子造りの目的は何でしょうか。

多くの人々は弟子造りについて考えるとき、間違っている目的を持ちます。彼らはその弟子の一生の先生になりたいと思います。彼らは弟子からの尊敬を求めます。そして、彼らは自分の弟子を持つことを自慢します。彼らは「私に従う人たちを見てごらん。」と言います。

でも私たちの目的は、自分の弟子を造ることではありません。私たちの目的は、キリストの弟子を造ることです。

バプテスマのヨハネは、そのことをよく分かっていました。私は以前言ったけど、ヨハネは弟子たちをイエス様に向かうようにして、「イエス様は従うべき方だよ。彼のところに行きなさい」と言いました。(ヨハン1:35-36)

この個所では、私たちはヨハネの態度をもう一度見ます。イエス様は自分のミニストリーを始めて、その弟子たちはイエス様の権威によって、人々をバプテスマを授けました。

そして、ヨハネのところに来る人は少なくなって、イエス様のところに行く人が増えましました。ヨハネの弟子たちはそれを見て、ちょっと心配してしまって、ヨハネにこう言いました。

先生。見てください。ヨルダンの向こう岸であなたといっしょにいて、あなたが証言なさったあの方が、バプテスマを授けておられます。そして、みなあの方のほうへ行きます。(26)

ヨハネの弟子たちはヨハネがどのように反応するか予想したでしょうか。彼らはヨハネが怒ると思いましたか。ヨハネは感情を害すると思いましたか。

でもヨハネはこう答えました。

人は、天から与えられるのでなければ、何も受けることはできません。あなたがたこそ、『私はキリストではなく、その前に遣わされた者である』と私が言ったことの証人です。花嫁を迎える者は花婿です。そこにいて、花婿のことばに耳を傾けているその友人は、花婿の声を聞いて大いに喜びます。それで、私もその喜びで満たされているのです。あの方は盛んになり私は衰えなければなりません。(27-30)

つまり、「私の人生の目的はキリストの道を整えることです。だから、私は人々をイエス様に向かうようにしなくてはなりません。私はずっと頑張ってそうしました。

結婚式では、一番大切な人は花婿の友人ではなく、花婿です。だから、結婚式の準備ができて、結婚式が始まり花婿が入場すると、その友人は喜びます。

それが私の感情です。私の仕事を完成しました。だから、イエス様は私よりも偉い立場をとるのはふさわしいことです。私が彼の背後に行く時が来ました。」

それは弟子造りです。弟子造りというのは、相手の一生の先生になることじゃないです。私たちは常に彼らを導いてはいけません。弟子造りとは、人々をイエス様に向かうようにすることです。彼らがイエス様を知るように、私たちは彼らの心を整えます。彼らに私たちの経験と知識をと知恵を伝えます。でも、そのあと、私たちは彼らにこう言わなくてはなりません。「私のところを去る時間が来ました。私はできるだけあなたに教えました。これから、あなたはイエス様に従いなさい。」

そして、あなたは彼らの人生の背景に戻るべきです。

どんな弟子造り関係でも、キリストは盛んになり、あなたは衰えなければならない時点が来ます。

使徒のヨハネはこう言いました。

地から出る者は地に属し、地のことばを話す。(3:31)

つまり、私たちは人間だから、私たちの経験と知識は限界があります。

でも、イエス様は天から来たし、御霊であふれたので、そんな限界がなかった。それにイエス様は「すべてのものの上におられます。」(3:31)

また、命を与えるのは、私たちではなく、イエス様です。

だから、人々をイエス様に向かうようにしましょう。彼らにどのようにイエス様の弟子になることを教えましょう。そして、イエス様が彼らを導いてくださることを見ると、喜びましょう。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中