ヨハネ1章35-42節ーーイエス様がおられるところに止まる

バプテスマのヨハネが自分の弟子たちをイエス様に向かうようにしたとき、彼らは早速イエス様について行きました。

彼らにとっては、ヨハネのところを去るのは難しかったでしょう。もちろん、彼らはヨハネを愛して、強い関係を造ったけど、ヨハネが彼らに教えることができることは限界があったので、彼らが去る時間が来ました。

どうしてヨハネが教えることができる限界があったのでしょうか。ヨハネよりすぐれた預言者はいなかったけど(マタイ11:11)、彼はただの人間でしたから。一番偉い人でも、限界があります。

だから彼らは次の段階に至るために、神様の弟子になるべきでした。で、イエス様は肉において現われた神です。

彼らはイエス様に近寄ったとき、どう感じたでしょうか。エデンで神様が約束したメシアにどうやって話しかけた方がいいでしょうか。たぶん彼らは不安で、ちょっと怖がったもしれません。こんな話があったかもしれません。

ヨハネ:あなたがイエス様に話しかけたら。

アンデレ:いや、どうぞお先に。

結局イエス様は彼らに気づいて、彼らに向かいました。そして、彼らはたぶん止まりました。おそらく彼はこう思いました。「イエス様は私たちを拒絶するだろうか。私たちは全然資格がないし。それでも、イエス様は私たちを受け入れるだろうか。」

おそらく彼らがそんなことを考えていたあいだに、イエス様は彼らに尋ねました。

あなたがたは何を求めているのですか。(38a)

彼らは答えました。

ラビ(訳して言えば、先生)。今どこにお泊まりですか。(38b)

私たちの文化では、初めて人に会うとき、それはちょっと変な質問です。私たちの文化では、「始めました。アンデレとヨハネです。よろしくお願いします」と言います。

でも、彼らの文化では、彼らの言った意味は、「私たちはイエス様の弟子になりたいです。イエス様がいるところに、私たちもいたいです。イエス様から学びたいです。イエス様の教えだけではなく、イエス様の毎日の生活から学びたいです。」ということです。

2千年が経っても、何も変わっていません。もし、イエス様の弟子になりたいなら、イエス様の弟子の態度を持たなくてはなりません。つまり、イエス様と共にいたいという態度が必要です。

あなたはどうですか。その態度がありますか。毎朝、イエス様の足下にいて、聖書を読み、祈り、イエス様の声を聞く時間を取りますか。また、一日中、イエス様と共に歩む態度を持っていますか。

多くのクリスチャンは朝にイエス様と時間を過ごすけど、その後に、こう言います。「じゃ、またね。今行かなくちゃ。」

そして、次の日まで、彼らは決してイエス様に関して全然考えません。

でも、私たちがどこに行っても、イエス様を連れて行くべきです。一日中イエス様の声を聞き、イエス様の導きに従うことを学ぶべきです。それは、本当の弟子です。

私が毎日そうしていると言いたいですけど、言えません。私はまだ、毎日、毎秒、イエス様と共に歩むことを学んでいます。

私と共にその道を歩み始めますか。

私はある賛美の歌が大好きです。

I just want to be where you are.
あなたがおられるところに私はいたいです。
Dwelling daily in your presence.
毎日あなたと共にいたいです。
I don’t want to worship from afar.
私は遠いところから礼拝したくないです。
Draw me near to where you are.
あなたのところに私を近づけてください。

I just want to be where you are.
あなたがおられるところに私はいたいです。
In your dwelling place forever.
あなたの住まいに永遠に住みたいです。
Take me to the place where you are.
あなたがおられるところまで私を導いてください。
I just want to be with you.
あなたと共にいたいから。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中