マタイ3章;マルコ1章;ルカ3章;ヨハネ1章ーー真理を語ること

この話では、私たちは18年間ぐらい飛びます。イエス様は30歳になって、自分のミニストリーを始めようと思い始めました。でも、彼が始める前に、イエス様のいとこバプテスマのヨハネは、自分のミニストリーを始めていました。

使徒ヨハネは、バプテスマのヨハネが誰か説明します。

神から遣わされたヨハネという人が現われた。この人はあかしのために来た。光についてあかしするためであり、すべての人が彼によって信じるためである。彼は光ではなかった。ただ光についてあかしするために来たのである。(ヨハネ1:6-8)

祭司たちや、パリサイ人、サドカイ人(パリサイ人とサドカイ人はユダヤ人の宗派でした)がヨハネに「あなたはどなたですか」と尋ねたとき、彼は答えました。

私はキリスト(つまり、メシア、または、救い主)ではありません。。。私は、預言者イザヤが言ったように「主の道をまっすぐにせよ」と荒野で叫んでいる者の声です。(ヨハネ1:20,23)

彼の人生の目的は、人々の心をイエス様のために整えることです。つまり、ユダヤ人がイエス様を受け入れるように、彼らの心を整えることです。

私たちはイエス様の弟子たちとして、神様から同じミッションをもらいました。私たちは周りの人々の心をイエス様のために整えるべきです。私たちには彼らを救うことができません。私たちは、ただ神様の言葉という種を彼らの心にまくことができます。

私たちのメッセージもヨハネのメッセージとだいたい同じです。主な違いは、ヨハネの時代、神様からの救いがイエス様を通して、まだ来ていなかった。でも、イエス様はすぐに来るので、彼らは自分の心を準備しなくてはなりませんでした。(ルカ3:6)

でも、私たちのメッセージは、イエス様を通して、神様の救いがもう来たということです。

でも、ヨハネの言葉を見ると、一つのことが私の心を打ちます。ヨハネは率直に話しました。パリサイ人とサドカイ人が来たとき、彼はこう言いました。

まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。「われわれの父はアブラハムだ」と心の中で言うような考えではいけない。あなたがたに言っておくが、神は、この石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。斧もすでに木の根元に置かれています。だから、良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。私は、あなたがたが悔い改めるために、水のバプテスマを授けていますが、私のあとから来られる方は、私よりもさらに力のある方です。私はその方のはきものを脱がせてあげる値うちもありません。その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。手に箕を持っておられ、ご自分の脱穀場をすみずみまできよめられます。麦を倉に納め、殻を消えない火で焼き尽くされます。(マタイ3:7-12)

どうして、ヨハネはそんなに厳しく話したでしょうか。なぜなら、彼らは偽善者でした。彼らは、神の律法を頑張って守りましたけど、つまり、正しいことをしたけど、彼らの心は堕落していました。

彼らはこう思いました。「私はユダヤ人だから、神様に受け入られているだろう。それに神の律法を知らない多くのユダヤ人と違って、私はよく知っています。」

でも、彼らの心がプライドに満ちていたので、彼らは神様の哀れみを知りませんでした。

ヨハネは、ほかの人々に、もっと優しく話しました。イスラエル人に嫌われた人に対しても(取税人やローマの兵士)、ヨハネは優しく話したけど、「悔い改めなさい」と言いました。裁きの日が来るので、彼らは罪深い人生を続けてはいけませんでした。

私たちも真理を伝えなくてはなりません。そのメッセージは厳しいかもしれないけど、伝えなくてはなりません。

もちろん、イエス様の愛についても話さなくてはなりません。また、イエス様が彼らの罪のために死んだし、イエス様の死によって、彼らは赦されて、その心もいやされられることを伝えるべきです。

でも、彼らのプライドや、罪や、頑固さを持ち続けたら、私たちは彼らに裁きの日について警告するべきです。そうしないと、神様は私たちに責任を負わせます。(エゼキエル書3:16-21;使徒の働き20;26-27)。

あなたはどうですか。周りの人々に真理を語っていますか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ヨハネの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中