ルカ2章41-52節ーー誤解された

私たちはだれでも、周りの人々自分のことを分かってもらいたいものです。そして、彼らが私たちのことを分かってくれないと、私たちは傷つきます。

イエス様も、それがよく分かっていました。彼は自分の弟子たちにしばしば誤解されました。イエス様が教えた人や癒やした人に誤解されました。そして、この箇所では、イエス様は自分の両親に誤解されました。

この話では、私たちはイエス様が他の人と交流することを初めて見ます。イエス様が12歳の時、彼とその両親は過越の祭のためにエルサレムに行きました。祭りが終わってから、イエス様の両親はほかの人々と一緒に帰路についたけど、彼らが知らない間に、イエス様はエルサレムに残って、神殿で教師たちと話していました。

一日ぐらい経って、イエス様の家族はやっとイエス様がいないことを気づきました。(彼らはイエス様が一行の中にいるものとばかり思いこんでいました。)だから、彼らはエルサレムに戻って、3日後に、やっとイエス様を見つけました。

もちろん、マリヤは本当に怒って、イエス様を叱りました。

まあ、あなたはなぜ私たちにこんなことをしたのです。見なさい。父上も私も、心配してあなたを捜し回っていたのです。(48)

でも、イエス様はマリヤの反応がよく分かりませんでした。彼は答えました。

どうしてわたしをお捜しになったのですか。わたしが必ず自分の父の家にいることを、ご存じなかったのですか。(49)

要するに、「お母さんは私のことがよく分かっていると思っていました。お母さんは私がどこにいるか知っていたはずでしょう。」

でも、50節では、ルカはこう言います。

しかし両親には、イエスの話されたことばの意味がわからなかった。

他の人よりも、イエス様の両親が彼を理解できるはずでした。でも彼らはさっぱり分かりませんでした。

イエス様は、どう反応したでしょうか。

それからイエスは、いっしょに下って行かれ、ナザレに帰って、両親に仕えられた。母はこれらのことをみな、心に留めておいた。(51)

イエス様は、自分が正しかったと言い張りませんでした。その両親が彼のことを理解していなかったので、イエス様は彼らを叱りませんでした。むしろ、彼は仲直りしようと思いました。だから、息子として、彼はその両親に仕えました。

そのことをちょっと考えてください。イエス様は神でした。イエス様はヨセフとマリヤを造りました。それでも、彼は謙虚な態度を取って、両親の権威を認めて、従いました。

時々、周りの人々は、私たちのことが分かりません。その時、私たちは怒り、苦々しい思いを持つことは簡単です。彼らが私たちのことが分かるはずと思うから。

それでも、イエス様のように謙虚な態度を取りましょう。また、できるだけ、彼らと仲直りしましょう。パウロはこう言いました。

あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。(ローマ12:18)

あなたはこう思うかもしれません。「でもね、まだ傷ついているよ。どうして彼らは私のことが理解できないのでしょうか。」

なぜなら、彼らは神ではないから。彼らはすべてのことを知りません。彼らはあなたの心が見えません。だから、そんな期待は捨てた方がいいと思います。

でも、イエス様は、あなたのことがよく分かります。なぜなら、イエス様は神だから。それに、彼は人間として、この世に来たから、私たちの生活がよく分かります。私たちの気持ちがよく分かります。だから、あなたが何を経験しても、イエス様は分かります。

イエス様の両親は彼のことが理解できなかったけど、天の父は彼のことが理解できて、イエス様は慰められました。そのように、イエス様があなたのことを理解していることを、覚えていてください。あなたが誤解されると思うとき、また、傷ついたとき、イエス様にあなたの苦しみについて話してください。イエス様はあなたのことを理解するから。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中