マタイ1:18-25–没我的な人生

「私の人生です。」

「私の権利です。」

「私の幸福です。」

どれぐらい私たちは、こんな言葉を聞くでしょうか。どれぐらい私たちは、そんな言葉を言うでしょうか。

でも、ある著者が言ったように、「あなたの人生の中心は、あなたではありません。」

むしろ、あなたの人生の中心は神様です。そして、神様はこの世界に歴史を織っています。

ヨセフの話を読むとき、その真理が見ることができます。

彼のマリヤに対する反応について考えてください。彼らは婚約していたけど、彼らの文化では、私たちの文化よりも、そのコミットメントは断然強いものでした。彼らは、まだ一緒に生活したり、一緒に寝ていないけど、ユダヤ人の律法によって、その婚約を解除するために離婚しなくてはなりませんでした。

でも、その婚約の時に、マリヤは妊娠しました。

ヨセフはどう感じたでしょうか。傷ついたでしょう。裏切られたと感じたことでしょう。怒ったでしょう。そして、ユダヤ人の律法によって、彼にはマリヤを殺す権利がありました。

でも、彼の反応を見ましょう。

夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。(19)

どうやら、彼は、もはやマリヤと結婚することを望みませんでした。その状態では、たぶん誰もマリヤと結婚したくないでしょう。でも、彼は傷ついても、復讐を望みませんでした。「正義」を主張しませんでした。自分の「権利」を主張しませんでした。

むしろ彼は、マリヤを哀れもうと思いました。彼は彼女をさらし者にはしたくありませんでした。彼ができるだけマリヤを守りたかったので、内密に離婚しようと思いました。

マリヤは、その妊娠の状態をヨセフに説明しようとしたでしょうか。何が言えるでしょうか。「誤解しないでください。私は他の人と寝たわけじゃない。この子は神様からです。」と言っても、ヨセフは信じるはずがなかったのです。

神様はその状態がよく分かったので、ヨセフのところに天使を送りました。その天使はこう言いました。

ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。(20-21)

ある程度、たぶんヨセフは安心しました。でも、ヨセフがそれを聞いても、その責任を拒絶するのは簡単だったしょう。

なぜなら、彼がマリヤと結婚するなら、たぶん、彼の評判が汚れるから。周りの人は、「あ、ヨセフが結婚する前にマリヤと寝たに違いない。マリヤだけではなく、ヨセフも悪かった。」と思ったかもしれない。

また、彼はこういう風に答えられました。「分かっているけど、私の赤ちゃんじゃない。私はその子のために祈らなかった。そして、あなたは前もって私の意見を求めなかった。どうして、私はその責任を取らなくてはならないだろうか。」

でも、ヨセフはそうしませんでした。彼はマリヤと結婚しました。噂といろんなトラブルがあっても、彼はマリヤと結婚しました。どうしてでしょうか。

ヨセフは自分の人生の中心が自分自身じゃないと知っていたから。神様がイスラエル、また、この世を救うための計画を立っていることを知っていました。また、その計画がヨセフよりも大きいものだと知っていました。

だから、ヨセフは自分の権利と計画を置いておいて、神様とマリヤに仕えました。でも、その決断によって、彼は本当の喜びを見つけたと思います。

あなたはどうですか。自分自身のために生きているでしょうか。そうすれば、あなたの人生はむなしいものになります。でも、神様と神様の目的のために生きるなら、充実した人生を見つけます。イエス様はこう言いました。

いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。(マタイ16:25)

あなたは誰のために生きているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中