マタイ1:1-17;ルカ3:23-37ーー罪深い人と同じような形をとる方

私たちがイエス様の系図を見るとき、二つの注意事項があります。

一つ目は、マタイの福音書にある系図は不完全ということです。つまり、ある王たち(ヨアシュ、アマツヤとエホヤキムなど)は飛ばされました。英語の訳では、「だれだれは、だれだれの父だ」と翻訳されました。その「父」という言葉は、「先祖」という意味もあります。だから例えば、「ヨラムにウジヤが生まれ」と書かれていても、その意味は、「ヨラムはウジヤの先祖」という意味です。

二つ目は、多くの学者はマタイの福音書にある系図はヨセフの系図で、ルカの福音書にある系図はマリヤの系図と思われることです。なぜなら、ルカの福音書で、「イエス様は人々からヨセフの子と思われていた。」と書いてあるから。

だから、言い直すと、「イエス様は人々からヨセフの子と思われていたけど、実は、彼はヘリの子孫です。」

(「父」という言葉は「先祖」という意味もあるように、「子」という言葉は「子孫」という意味もあります。)

実は、この系図の違いに関して、学者はいろんな意見があるけど、本当に複雑すぎるので、私はそれ以上話したくないです。:)

とにかく、この系図を見ると、一つのことが私の心を打ちました。イエス様がこの世に来たとき、彼は天から来て、「私は来たよ。私は神だよ」と宣言しませんでした。

むしろ、私たちが罪びとでも、イエス様は私たちと同じような形をとりました。彼は人間になりました。

イエス様の先祖を見てください。

アダムは完全な世に造られたのに、彼は罪をこの世に紹介しました。

テラ(アブラハムの父)は偶像を礼拝しました。多分彼の先祖も偶像を礼拝しました。

ヤコブは詐欺師でした。

ユダは、義理の娘に騙されて、彼女が売春婦だと思ったので、彼女と寝ました。その結果は?彼女は双子を生んで、その一人は、イエス様の先祖でした。(創世記38章)

ラハブは、イスラエル人の目から見ると、外国人だったし、売春婦でした。

ルツは、外国人だったし、モアブ人でした。普通、ユダヤ人はモアブ人を見下しました。(申命記23:3-4)

ダビデは、ほかの人の妻バテ・シェバと寝て、その主人を殺しました。でも、ソロモン(マタイ1:6)とナタンは(でも預言者ナタンと違う人、ルカ3:31)、ダビデとバテ・シェバの間に生まれました。

多くのユダの王は神様に背を向けました。(例えば、アハズとマナセ)。

イエス様はそんな系図から来ました。どうしてでしょうか。どうして、別の系図に入らなかったでしょうか。どうして、直接天から来なかったでしょうか。

でも、イエス様はそうしませんでした。むしろ、彼は人間になって、「私はあなたのようになります」と言いました。

でも、ほかの方法で、イエス様は私たちのようになりました。

彼は特にハンサムではありませんでした。(イザヤ書53:2)

彼は貧しい家族に生まれました。その父ヨセフが亡くなった後、イエス様は頑張って働いて、その家族のニーズに備えました。

イエス様は時々疲れました。時々お腹がすきました。

彼はいろんな試練を経験しました。彼は拒絶されました。彼は誤解されました。彼は虐待されました。彼は裏切られました。彼は苦しみました。

どうしてでしょうか。

そういうわけで、神のことについて、あわれみ深い、忠実な大祭司となるため、主はすべての点で兄弟たちと同じようにならなければなりませんでした。それは民の罪のために、なだめがなされるためなのです。(へブル4:17)

つまり、イエス様は私たちを理解するために人間になりました。イエス様が私たちのことが理解できるので、彼は私たちの大祭司として慈悲深いのです。だから、へブル人への手紙の著者はこう言います。

ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。(へブル4:16)

今日、あなたはどう感じるでしょうか。自分の罪によって落ち込んでいるでしょうか。自分の家族を支えるため、いつも疲れていますか。あなたは苦しんでいますか。拒絶される感じがありますか。傷つきましたか。裏切られましたか。

その感情をイエス様の前においてください。なぜなら、イエス様はあなたのことを理解するから。また、イエス様は、あなたを助けてくださいます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中