雅歌7-8章ーー伴侶と時間を持つ事

この箇所では、ソロモンとその妻は一緒に時間を過ごしています。7章1-10節で、ソロモンはもう一度、自分の妻とその美しさに対する喜びを表現します。そして、ソロモンは彼女に対する彼の性的な感情を言い表します。

ああ、慰めに満ちた愛よ。あなたはなんと美しく、快いことよ。あなたの背たけはなつめやしの木のよう、あなたの乳房はぶどうのふさのようだ。私は言った。「なつめやしの木に登り、その枝をつかみたい。あなたの乳房はぶどうのふさのように、あなたの息はりんごのかおりのようであれ。あなたのことばは、良いぶどう酒のようだ。(7:6-9a)

多分、今時、私たちはそんな比喩を使わないけど、その意味は分かりやすいと思います。

そして、彼女は喜んで、答えます。

私の愛に対して、なめらかに流れる。眠っている者のくちびるを流れる。(9b)

そして、彼女は夫の愛を浴びて、ため息をついて言います。

私は、私の愛する方のもの。あの方は私を恋い慕う。(10)

その後、彼女は一緒に外出することを勧めます。彼女の言葉を見ると、その望みがよく分かると思います。

私たちは朝早くからぶどう畑に行き、ぶどうの木が芽を出したか、花が咲いたか、ざくろの花が咲いたかどうかを見て、そこで私の愛をあなたにささげましょう。恋なすびは、かおりを放ち、私たちの門のそばには、新しいのも、古いのも、すべて、最上の物があります。私の愛する方よ。これはあなたのためにたくわえたものです。(12-13)

恋なすびは植木で、催淫剤効果がありました。だから、彼女の意味は、「外出し、新しい場所に行って、一緒に寝ましょう。私は新しい事も準備したので、一緒に楽みましょう。」という事です。

8章では、彼女の夫に対する愛を言い表し続けます。彼女が兄に対する愛を人前で表せるように、彼女は夫に対する愛を表すように願います。そして、彼女は愛と結婚に関するその母のアドバイスを思い出して、どれぐらい学んだかその母に表したがります。

そして、2-4節で、もう一度、彼女は夫に対する性的な感情を言い表すけど、もう一度、彼女はシングルの人たちに自分の純潔を守るように訓戒します。

この箇所から私たちは何を学ぶことができますか。一つ目は、結婚の中での、セックスの大切さです。多分、妻たちは夫たちよりも、その大切さを覚えていなくてはなりません。

なぜなら、男性たちは体的に、性的な親しさを望むようにデザインされたから。

妻たち、もし知らないなら、私は教えてあげます。あなたの夫は、しばしばセックスについて考えます。

それぞれの妻は違うけど、多くの場合、妻たちは夫よりもそんなに性的な親しさを望まないかもしれない。それでも、その時間を作るのは大切なんです。それに、この箇所の女性のように、妻がその時間を勧めることも大切です。またどのようにその時間をもっと楽しめるように何かを勧めることも大切です。

どうして、それはそんなに大切でしょうか。

一つ目は、セックスは夫婦を結び合うからです。

二つ目は、その夫を性的に守るからです。もちろん、妻をも性的に守るけど、特に夫を守ります。

パウロはこう書きました。

互いの権利を奪い取ってはいけません。ただし、祈りに専心するために、合意の上でしばらく離れていて、また再びいっしょになるというのならかまいません。あなたがたが自制力を欠くとき、サタンの誘惑にかからないためです。(第一コリント7:5)

また、彼は言います。

妻は自分のからだに関する権利を持ってはおらず、それは夫のものです。同様に夫も自分のからだについての権利を持ってはおらず、それは妻のものです。(第一コリント7:4)

ソロモンの妻はパウロの言葉をこのように言いなおします。

私の愛する方は私のもの。私はあの方のもの。(2:16)

だから、良い結婚のため、時間をちゃんと取らなくてはなりません。セックスだけのためではなく、デートのためにも時間を取るべきです。

あなたはどうですか。そんな時間を取っているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 雅歌, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中