雅歌6章ーーまだ見とれている

私はこの箇所を読むと、他のソロモンの言葉を思い出します。

あなたの泉を祝福されたものとし、あなたの若い時の妻と喜び楽しめ。愛らしい雌鹿、いとしいかもしかよ。その乳房がいつもあなたを酔わせ、いつも彼女の愛に夢中になれ。(箴言5章18-19)

この個所では、ソロモンは自分の意見に従います。結婚して以来、時間が経ったけど、ソロモンはまだ妻に見とれています。実は、以前よりも、彼は妻に見とれています。妻に関して、以前言った比喩を使うけど、新しい比喩も使います。

彼は彼女をティルツァとエルサレムという都市と比べます。都市の美しさ全部を発見するために時間をっとって巡らなくてはならないように、妻(また、夫)の深さを発見するために時間がかかります。それは一生のプロセス。

ソロモンは妻に「あなたの目はまだ私をひきつける」と言います(5)。

私はその感じがよくわかります。私の妻の目にその愛を見る時、私も引付けられます。

そして、ソロモンは彼女に「あなたは私の汚れのないものだ」と言います(9)。時間が経つと、実は私たちは妻と夫が本当に完ぺきじゃないと分かるようになります。でも、愛の目は、その過ちを見逃します。それに、そのあなたの愛の目によって、相手の魂が今よりも、美しくなります。

8節の言葉のため、ある学者は、ソロモンがもうほかの妻とそばめがいると思います。そうかもしれません。もしくは、彼は仮定条件について考えているかもしれない。とにかく、彼のポイントは、彼の人生にいる女性の間で、妻は一番大事というものです。

そして、ソロモンが仕事するとき、彼はすぐに妻について考え始め、なるべく早く家に帰りました。(11-12)

それはいい態度だと思います。もちろん仕事は大切だし、その仕事を楽しむことができるなら、それは本当に良いことです。でも、夫は仕事よりも妻を愛するべきです。夫が妻よりも仕事の方が好きなら、悪いことです。もちろん、妻が仕事を夫よりも愛することも悪いです。

あなたはどうですか。あなたはまだ、妻か夫に見とれているでしょうか。それは理想だけではないです。そんな愛はただの夢ではないです。それは、もともとからあなたと伴侶のための神様の計画です。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 雅歌, 諸書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中