雅歌5:2-6:3–怒り、傷、和解

夫婦の関係はいつもスムーズにいきません。この罪によって壊れた世界に、夫婦が怒りと傷を経験することは当たり前のことです。それでは、どのように反応するべきでしょうか。anger

この箇所では、そのことを学びます。

多くの聖書の解説者によれば、この箇所は夢を描写します。でも、結婚では、しばしば起こる状態や、感情を描写します。

多分、その夫は仕事や他の用事のため、遅く帰りました。だから、彼女は怒って、彼が帰る前に寝てしまいました。そして、彼がやって帰ってきたとき、ドアの鍵がかけられたので、彼は「開けて」と叫びます。

でも、彼女はまだ怒って答えます。「もう寝ているよ。何であなたのために起きなくてはならないの。」

パウロは私たちに言います。

怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。悪魔に機会を与えないようにしなさい。(エペソ4:26-27)

たまには、私たちは妻か夫に怒ります。私たちは思わずに相手を傷つけるから。でも、パウロは、私たちが怒っても、罪を犯すなよと言います。怒りや恨みを持ち続けてはいけません。そうすると、サタンに私たちの人生や結婚を壊す機会を与えるから。

でも、ソロモンが遅く帰ったので、その妻は彼に恨みを持ちました。彼はしばしば遅く帰ってきたかもしれない。もしくは、その日だけ遅かったけど、連絡していなかったかもしれない。とにかく、彼が帰っても、彼女はドアを開けてあげませんでした。

私たちは妻か夫を家に入らせない経験がないかもしれないけど、どれぐらい私たちは自分の心を相手に対して閉じるでしょうか。

また、もし、相手が自分の心をあなたに閉じるなら、どうしたら良いでしょうか。ソロモンはいい方法を私たちに勧めます。彼は無理矢理に入ろうとしませんでした。むしろ、彼は彼の愛のしるしを残して去ります。

彼女はやっとドアを開けてあげようと思ったら、かんぬきの取っ手の上に没薬の液がありました。その文化では、恋人はそのように、そこいていたことを表しました。現代では、それは花を与えるようなものです。(アメリカでは、謝る時に、男性はしばしばそうするけど、日本では、男性はどうするでしょうか。)

とにかく、時々、私たちは妻か夫に怒ってしまいます。時々、私たちはその怒りが正しいと思います。私たちの方が悪かったと思う時もあります。でも、サタンに私たちの結婚を壊す機会を与えたくないなら、相手の怒りに、怒りで反応してはいけません。謝ってください。そして、あなたの愛を表してください。

彼女の夢では、彼女は彼の愛にもう一度感動されたけど、もう遅すぎました。彼はもう行ってしまったので、彼女は彼を探しに行きました。多分、自分の態度のため、彼女は自分自身を批判してしまいました。だから、その夢では、巡る夜回りたちは彼女を打ったかもしれない。

他の人は彼女に「どうして、そんなに必死に彼を探しているのか」と訊いたとき、彼女はソロモンに関して好きなことを説明しました。

私たちが相手に怒っても、そんなことについて考えた方が良いです。怒る時に、相手の欠点に焦点を合わせるのは簡単なことです。でも、特に私たちが怒る時、彼らの良い点を覚えていた方が良いです。

彼女は彼の外見について話すけど、彼女は彼を恋人や友達としても描写します。私たちもそのことを覚えていなくてはならない。相手が私たちをがっかりさせるかもしれないけど、私たちをまだ愛してくれます。

彼女の友達が、「じゃあ、私たちは彼を見つけるのを助けてあげるよ」と言ったとたんに、突然彼女は夢から目が覚めて、ソロモンが彼女の隣にいることを見て、彼は「ゆりの花の間で群れを飼っています。」(4:5と5:13を読んでください。)

彼女は自分の怒りをすぐに忘れて、言います。

私は、私の愛する方のもの。私の愛する方は私のもの。(6:3)

結婚は自然に美しいものになりません。私たちは良い結婚のために働かなくてはなりません。その愛を育てなくてはなりません。だから、自分の怒り、また相手の怒りを良い方法で処理しなくてはなりません。

あなたはどうですか。その怒りをどのように扱うでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 雅歌, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中