箴言30:24-28–小さいものや、弱いものから学ぶこと

私たちが小さいものや、弱いものを見下すのは簡単なことです。でも、アグルはそうしませんでした。彼は動物を四匹を見て、知恵を獲得しました。

アリを見て、アグルはちゃんと将来のために計画することを学びました。アリが頑張って、夏の時に食糧を確保するので、冬が来たら、彼らには心配がありません。

多くの人々には、そんな知恵がないです。彼らは自分の快楽のためにお金を全部使うので、トラブル(例えば、不景気とか、一時解雇とか)が不意に来ると、彼らは本当に困ってしまいます。

岩だぬきから、アグルは自分の弱さを認め、安全な所を見つけることを学びました。岩だぬきhyraxは、敵から、自分自身を守ることができないので、敵が行けない岩間に巣を作ります。

そのように、私たちも弱いです。自分の力で、私たちの魂の敵サタンと戦うことができません。だから、私たちの及びがたいほど高い岩の上に行って、神様を私たちの避けどころにするべきです。(詩篇61:2-3)神様の力によって、私たちは生き残るだけはなく、サタンの攻撃を乗り越えられます。

イナゴから、アグルは一致と整理の大切さを学びました。彼らは自分自身を制御して一致があるので、すごいダメージができます。

そのように、教会は一致して、制御すれば、サタンの国にすごいダメージを与えることができます。でも、イナゴと違って、私たちには王がいます。そして、イエス様に従って、隊を組んで出て行きます。

ヤモリから、アグルは注意さと、うまく逃げることを学びました。ヤモリは小さくて、手で捕まえられるけど注意して、すぐに逃げるので、ほとんど捕まえられません。

そのように、私たちはサタンとその計画に注意するべきです。ペテロはこう書きました。

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。(第一ペテロ5:8)

覚えていてください。サタンは優しい敵ではありません。特に、私たちが弱い時、サタンは攻撃します。でも、私たちが強い時でも、注意しなくてはなりません。その時、私たちは自己満足になって、注意しないようになるかもしれない。ダビデの事例について考えてください。(第一サムエル記11章)

だから、イエス様が私たちに命令したように祈りましょう。

私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。(マタイ6:13)

あなたはどうですか。あなたはこの動物のように賢く生きるでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 箴言, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中