箴言24-25章ーー仕返し

仕返し。

私たち皆、仕返しが悪いことを知っているけど、どれぐらい仕返しを計画するでしょうか。私たちはその計画を実行しないかもしれないけど、その計画を考えるのが好きですね。

また、相手が倒れる時、私たちはよく喜びます。

でも、ソロモンは、そんな態度に関して、警告します。彼はこう書きました。

あなたの敵が倒れるとき、喜んではならない。彼がつまずくとき、あなたは心から楽しんではならない。主がそれを見て、御心を痛め、彼への怒りをやめられるといけないから。(24:17-18)

私たちが覚えていなくてはならないのは、相手がどんなに悪者でも、彼らが神様のかたちとして創造されたことです。その形は曲がったかもしれないけど、神様はまだ彼らを愛しています。だから、彼らが苦しんだ時、神様はあなたがその人の苦しみを喜ぶことを憎みます。なぜなら、神様は喜ばないから。

人々が地獄にいく時、彼らがどんなに悪者でも、神様は喜びません。むしろ、神様は泣きます。

だから、神様の形として創造された者を見下してはなりません。神様はそんな態度を見る時、全然喜びません。

ソロモンは言い続けます。

「彼が私にしたように、私も彼にしよう。私は彼の行ないに応じて、仕返しをしよう」と言ってはならない。(24:29)

むしろ、

もしあなたを憎む者が飢えているなら、パンを食べさせ、渇いているなら、水を飲ませよ。あなたはこうして彼の頭に燃える炭火を積むことになり、主があなたに報いてくださる。(25:21-22)

要するに、あなたの敵に復讐せずに、彼らに親切にすれば、彼らは罪悪感を持つかもしれない。もしくは、彼らが決して謝らなくても、神様はあなたに報いてくださいます。

その反面、

正しい人が悪者の前に屈服するのは、きたなくされた泉、荒らされた井戸のようだ。(25:26)

もし悪い人の仕業のために私たちが仕返しするなら、私たちの証しは汚されます。その場合、私たちがこの世の民に影響を与えることではなく、むしろ、この世の民が私たちに影響を与えてしまいます。

ソロモンは言い続けます。

自分の心を制することができない人は、城壁のない、打ちこわされた町のようだ。(25:28)

人々が私たちを傷つける時、私たちが自分の怒りと行動をコントロールできないなら、私たちの人生の城壁は倒れます。そして、私たちを神様から離させるために、サタンは、ますます攻撃します。

でも、私たちの敵に親切にするなら、サタンはどうしても私たちを滅ぼすことができません。それに、サタンが送った私たちの敵は友達になるかもしれない。その場合、サタンの計画は本当に無駄になってしまいます。

敵に仕返しすると、自分の城壁を強化すると思う人もいます。実は、自分の怒りがコントロールできる人、また、相手を許せる人が本当に強い人です。

あなたはどうですか。相手があなたを傷つける時、あなたはどうしますか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 箴言, 諸書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中