箴言15章ーー主を喜ばせること

どうやって、私たちの主を喜ばせることができるでしょうか。

ソロモンはこう書いた。

主の御目はどこにでもあり、悪人と善人とを見張っている。(3)

私たちは神様から隠れることができません。神様は私たちの行動を見るだけではなく、私たちの心も見ることができます。

だから、ソロモンはこう言った。

よみと滅びの淵とは主の前にある。人の子らの心はなおさらのこと。(11)

要するに、神様が地獄でも見ることできるなら、私たちの心も神様の前に開いている本のようなものです。

だから、神様を喜ばせたいなら、私たちの正しい行動だけでは足りないです。私たちの全ての心を捧げなくてはなりません。なぜなら、神様は私たちの動機も見て、気にするから。

だから、ソロモンはこう言った。

悪者のいけにえは主に忌みきらわれる。正しい者の祈りは主に喜ばれる。主は悪者の行ないを忌みきらい、義を追い求める者を愛する。(8-9)

あなたはどんな「いけにえ」を神様に捧げるでしょうか。

例えば、毎週の日曜日、あなたの時間を捧げて、教会に行くでしょうか。でも、月曜日から土曜日まではどうですか。その日にも、主を喜ばせるために、あなたの時間を捧げるでしょうか。

あなたは、十一献金を捧げるかもしれない。また、チャリティーに寄付するかもしれない。でもお金の残りはどうですか。主を喜ばせるためにお金を使うでしょうか。

本当に神様を愛していないなら、神様に対してあなたのいけにえや、捧げものは意味がありません。

だから、ソロモンはこれも書いた。

悪人の計画は主に忌みきらわれる。親切なことばは、きよい。(26)

この瞬間、神様があなたの心を見たら、何を見るでしょうか。あなたは心を尽くして、神様を喜ばせようと思っているでしょうか。もしくは、自分自身を喜ばせようと思っているでしょうか。

また、神様があなたを懲らしめる時、あなたはどのように反応するでしょうか。あなたはへりくだって、その懲らしめ受け入れるでしょうか。ソロモンは私たちに忠告します。

愚か者は自分の父の訓戒を侮る。叱責を大事にする者は利口になる。

また、

いのちに至る叱責を聞く耳のある者は、知恵のある者の間に宿る。訓戒を無視する者は自分のいのちをないがしろにする。叱責を聞き入れる者は思慮を得る。主を恐れることは知恵の訓戒である。謙遜は栄誉に先立つ。(31-33)

だから、あなたが神様を喜ばせたいなら、二つのことを覚えておいてください。

一つ目は、主を喜ばせるのは、一週間に一度の物ではないということです。あなたはアルバイトのクリスチャンになるのは不可能です。あなたはクリスチャンかもしれない。あなたはクリスチャンじゃなかもしれない。でも、中途半端のクリスチャンという人は存在しないです。神様は私たちの部分だけを望まない。神様は私たちのすべてを望みます。

二つ目は、神様が私たちを懲らしめる時、私たちはその訓戒をへりくだって受け入れなくてはならないことです。

そうすれば、私たちは神様を喜ばせることができます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 箴言, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中