箴言14章20-21、31節ーー私たちの創造主を侮る事

どれぐらい私たちは神様を侮るでしょうか。

あなたは「神様を侮る?私は、神様を侮らないよ。」と言うかもしれない。

でも、私たちが神様が造った人々を見下す時、実は私たちは神様を侮るのです。

ソロモンは何回もそう教えていました。

貧しい者はその隣人にさえ憎まれるが、富む者を愛する人は多い。自分の隣人をさげすむ人は罪人。貧しい者をあわれむ人は幸いだ。(20-21)

箴言を読む時、時々私たちは20節のような箇所を見て、考えます。「これは神様が望んでおられるのだろうか。」

実は、それは神様の希望ではありません。ソロモンは現実に実際起きていることを説明するだけです。金持ちはたくさんの友達がいます。でも、彼らのお金が無くなったら、その友達もすぐにいなくなってしまいます。放蕩息子の話では一つの事例です。(ルカ15章)

でも、現状はいつも神様の希望ではありません。神様が言ったのは、私たちが人々を侮る時、特に苦しんでいる人を侮る時、実は私たちが神様を侮っているのと同じです。でも、私たちが彼らを祝福するなら、神様は私たちを祝福してくださいます。

31節で、ソロモンはこう言います。

寄るべのない者をしいたげる者は自分の造り主をそしり、貧しい者をあわれむ者は造り主を敬う。

17章で、ソロモンは同じようなことを言います。

貧しい者をあざける者は自分の造り主をそしる。人の災害を喜ぶ者は罰を免れない。(17:5)

どうして、私たちが人々を侮る時に、私たちは本当に神様を侮ると書いてあるのでしょうか。

二つの理由があります。

一つ目は、人々を侮る時、私たちは神様に「この人を造った時、あなたはミスした。この人は侮りにふさわしい人です。」と言っていることです。

二つ目は、私たちは神様のかたちとして造られたものを侮っていることです。私たちが彼らの顔につば吐きをかけたら、神様の形につば吐きをかける。

あなたはどうですか。貧しいものやホームレスを侮るでしょうか。弱い人を見下すでしょうか。そんな人を侮る時、私たちはイエス様を侮るなのです。

でも、彼らを親切にするとき、私たちはイエス様を親切にします。イエス様はこう言いました。

まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。(マタイ25:40)

あなたは周りの人々をどう考えるでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 箴言, 諸書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中