箴言12章18, 25ーー人を傷つける言葉、人を癒す言葉

12章では、18節と25節は私の心を打ったので、その個所に焦点を当てようと思いました。

ソロモンはこう言ました。

軽率に話して人を剣で刺すような者がいる。しかし知恵のある人の舌は人をいやす。(18)

どれぐらいあなたの軽率な言葉によって、あなたは愛している人を傷つけてしまったでしょうか。どれぐらい、相手の軽率な言葉によって、あなたは傷つけられたでしょうか。

特に、喧嘩する時に、私たちは傷つけ合ってしまいます。だから、喧嘩するときに、何を言うか気を付けなくてはならない。

基本的に私たちは相手を侮辱したらダメです。

「あなたは馬鹿だね。何でそんなことをしたの?」

「あなたは敏感すぎ。」

「あなたはあまりにも感情的だよ。」

時々私たちは相手について大げさに言います。

「あなたは決して手伝ってくれない。」

「いつも遅く帰って来るなぁ。」

そんな言葉を言うと、その問題が解決できません。むしろ相手は怒って、残酷な言葉で言い返してしまいます。そして、ソロモンが言ったように、そんな言葉は剣のように心を刺します。

でも、冗談を言う時にも、また、皮肉を使う時にも、気を付けなくてはならない。時々、誰かをからかって、思わずその人を傷つけてしまいます。私にもそんな経験があって、後悔します。

私たちの言葉によって人を癒すはずだけど、どれぐらい私たちは彼らを傷つけてしまうでしょうか。

25節では、ソロモンはこう言います。

心に不安のある人は沈み、親切なことばは人を喜ばす。(25)

以前言ったように、私たちは人々をからかって、思わずに彼らを傷つけてしまいます。相手を傷つけなくても、あなたは彼らを励ましてあげていないです。彼らを愛によって励ました方が良いのではないでしょうか。彼らが悩んでいるときに、彼らを励ますとしたら、どうでしょうか。また、あなたが、「あなたのために祈りましょうか」と言えば、どうでしょうか。

神様は私たちがそんな人になるように望んでいます。イエス様はそのような方でした。

あなたはどんな人でしょうか。

あなたの言葉は人々を傷つけるでしょうか。彼らを癒すでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 箴言, 諸書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中